Android ガジェット

TCL PLEXとHUAWEI P30 liteをコスパ比較 | 価格とスペックから徹底解説

TCL PLEX

この記事では共にミドルレンジ帯に位置する良コスパのTCL PLEXとHUAWEI P30 liteについて、どちらが総合的に優れているか徹底比較していきます。

2019/12/28に発売されたTCL PLEXは約3万円台の機種にも関わらずトップクラスのコスパ性能を持ち、同価格のHuaweiやOPPOと激しい価格競争が実施されることが予想されます。

TCLってどういう会社?

TCLとHuaweiの人気機種比較になりますが、TCLは正式にはTCLエレクトロニクスという名称で中国の家電メーカーになります。

テレビの出荷台数では世界でサムスンに次ぐ第2位をLGと争っている会社です。

元々テレビ市場で有名だった企業ですが、2019年から日本のテレビ市場に参入しスマホ市場でも参戦してきました。その第一弾となります。

TCL PLEXとHUAWEI P30 liteのスペック比較

早速両者のパフォーマンス比較です。価格差は大きくありませんが、両者の強みが所々に出ています。

特にTCL PLEXとHUAWEI P30 liteの2機種は、防水防塵やおサイフケータイ対応など付随機能を削って、徹底的にコスパを目指している点が似ている比較となっています。

項目TCL PLEXHUAWEI P30 lite
OSTCL PLEX UI(Android 9ベース)Android 9.0 Pie
カラーObsidian Black、Opal Whiteピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック
価格約30000円約26000円
ディスプレイ6.53 インチ(2340 x 1080ピクセル)約6.15インチ(2312 x 1080ピクセル)
プロセッサーQualcomm® Snapdragon 675(8コア)HUAWEI Kirin 710 オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4)
RAM6GB4GB
アウトカメラ4800万画素+1600万画素+200万画素約2400万画素+約800万+約200万画素
インカメラ2400万画素約2400万画素
ストレージ128GB64GB
サウンド通常ハイレゾ対応
通信機能Wi-Fi 802.11a/b/g/n/acWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
SIMカードスロットnanoSIMnanoSIM (トリプルスロット)
デュアルSIMありあり(DSDV)
SDカードスロットmicroSDスロット(最大256GB)microSDスロット(最大512GB)
認証指紋認証・顔認証指紋認証、顔認証
バッテリー3820mAh3340mAh
コネクターUSB-C™ USB USB-C™ USB
重さ192g159g
幅 高さ 厚み76.56mm 162.2mm 7.99mm72.7mm 152.9mm 7.4mm
ヘッドホンジャックありあり
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 4.2
防水非対応 非対応
防塵非対応 非対応
おサイフケータイ非対応 非対応
FeliCa⁷非対応 非対応
NFC非対応 非対応
ワイヤレス充電非対応 非対応
急速充電対応 対応

スペックの違い

OS ともにAndroid10配信済み

OS

ともに現時点で最新の1つ前になるAndroid9が搭載されています。

気になる最新OSのAndroid10についてTCL PLEXは2020年3月31日にリリース済み、Huawei p30liteは2020年3月26日にアップデートが配信されています。

上記の通り、既に Huawei p30lite・TCL PLEXともに最新のAndroid10にアップデート可能です。

またHuaweiと言えばGoogleの制裁が気になるところではありますが、制限を受けるのは新機種の話でありHuawei p30liteは問題なくアップデート対応やGooglePlayの利用が可能です。

プロセッサー、RAM 、ディスプレイ

TCL PLEXディスプレイ

プロセッサー性能は共に価格帯の中では優秀な部類で、通常のゲーム利用などでは全く問題ないスペックです。

ただ比較するとTCL PLEXのほうがベンチマークスコア上は優秀です。

RAMも6GB搭載とハイレンジ帯のスペックを誇っており、3Dの重たいゲームや動画編集なども苦にしないパワーを持っています。

ディスプレイの大きさはTCL PLEXは約6.53インチ、HUAWEI P30 liteは6.15インチと違いがあります。

画素数は共に同価格帯では優れた性能を持っており、モニタの大小は好みによって分かれる部分です。

カメラ性能はTCL PLEX

TCL PLEXカメラ

HUAWEI P30 liteはカメラ性能では優秀な端末でしたが、単純な画素数比較ではTCL PLEXがアウトカメラでは優秀です。

インカメラはともに2400万画素と他端末に比べても優れた性能となっています。

ただTCL、HuaweiともにAI搭載のソフトウェアも優れているため、周りのAndroidスマホに比べても綺麗な写真が取れます。

サウンド性能

HUAWEI P30 liteはハイレゾ対応されており、サウンド面ではHUAWEI P30 liteのほうが優秀です。

デュアルSIM仕様

HUAWEI P30 liteはDSDV形式に対応しているため、4G回線にてSIMカードの2枚利用が可能になっています。詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

DSDV徹底解説 DSDSとDSDVの違いとは?

対してTCL PLEXはデュアルSIM対応はされているものの、DSDS/DSDVともに未対応となっています。

認証方式

認証方式

TCL PLEX、p30liteともに指紋認証+顔認証に対応できています。

昨今の顔認証技術の進歩は早く、誤検知無し・一瞬でロック解除できるレベルなので、顔認証だけでも何不自由ないですが、暗闇だったりサングラスや眼鏡有無などで効きづらい場面もあるため指紋認証もあるのは嬉しいポイントです。

各アプリ内の認証は指紋認証のみ対応しているケースも多いため、利用シーンによっては指紋認証機能があることは大きなメリットとなります。

バッテリー性能はTCL PLEX

バッテリー性能に大きな差はありませんが、TCL PLEXのほうが約500mAh大きくバッテリー持ちの点では優れています。

重さ、幅、高さ、厚み

モニタサイズの違いはあるものの、HUAWEI P30 liteの159gに対してTCL PLEXは192gと約30g程度重いです。

幅・高さ・厚みに関しても同理由からHUAWEI P30 liteのほうがコンパクトに収まっています。特にモニタサイズと比較して72.7mmと小さい幅サイズがHUAWEI P30 liteの特徴です。

bluetoothのバージョンが異なる

TCL PLEXでは5.0に対応、HUAWEI P30 liteは4.2の対応となっています。ではどういった違いがあるかで言うと以下の違いがあります。

通信範囲が10mから100mへ広がったこと。
転送速度が1mpsから2mpsへと最大2倍になったということ。
通信速度も約2倍。

一見、大幅な進化がされているようにも見えますが、スマホ利用のbluetoothにおいては、あまり変化がないことと、5.0でないと使えない機能がある、音質が向上するといったことはないため、バージョンの違いで購入端末を選択するほどの内容ではないです。

またbluetoothは基本的に互換性が保たれた仕組みとなっているため、4.2の端末において5.0対応のイヤホンが使えないようなことはありません。

防水・防塵機能

防水・防塵機能には両機種とも対応できていません。同時期の人気機種であるAQUOS Sense3などを筆頭に対応機種は増えてきているため、多少マイナスポイントです。

おサイフケータイ、Felica、NFC対応

おサイフケータイ

防水・防塵機能と同じく両機種ともに非対応です。こちらは海外製品ということもありますが、両者の価格帯を見る限り仕方のない点にはなります。

ワイヤレス充電・急速充電

TCL PLEX、HUAWEI P30 liteともに急速充電に対応しています。急速充電機能は助かる場面が多く、利用頻度が多い方から見ると嬉しいポイントです。

まとめ

長く2万円~3万円前後のスマホの中ではコスパ首位だったHUAWEI P30 liteですが、動作パフォーマンスやディスプレイ・カメラ性能など基本的な性能面ではTCL PLEXがHUAWEI P30 liteより優れています。

  • 動作のパフォーマンスはTCL PLEXが優秀
  • ディスプレイの性能は互角でモニタサイズが異なる
  • カメラ性能はともに優れた性能だが、TCL PLEXが抜けている
  • モニタサイズが小さく軽いコンパクトな端末を選ぶ場合はHUAWEI p30lite、大画面が良い場合はTCL PLEX
  • ともに急速充電対応、防水防塵なし・おサイフケータイ未対応と付随機能に大きな違いは無い

基本スペックはTCL PLEXのほうが優秀ですが、通常利用する範囲内で大きな違いはないためモニタサイズ・端末サイズの好みで選択すると良いかと思われます。

いずれにしても 2万円~3万円前後の価格帯のAndroidスマホでは、今回紹介した2機種がコスパ観点では頭2つほど抜けている機種となっています。

コスパ目線でおすすめのSIMフリーAndroidスマホを価格帯別に紹介

ここからは本記事で紹介した機種も含め、おすすめできるSIMフリーのAndroidスマホを価格帯別で紹介します。

最新の良コスパのAndroidスマホから、型落ちで結果的にコスパ面で優秀になっているスマホまで幅広い対象から選定しています。

また広く国内で提供されており、各キャリアで利用する上で問題のないスマホを対象としました。

※2021/7/4に価格チェック後、対象見直しを実施しています。

1万円台のSIMフリーAndroidスマホ

まずはAndroidスマホならではの低価格帯スマホです。1万円台ではあるものの、非常にコスパの良いスマホが揃っており、日常利用には問題なく利用できるスマホもあります。

Xiaomi RedMi 9T 驚異のクアッドカメラ搭載

Xiaomi RedMi 9T

おすすめポイント

  • 驚異のメイン4800万画素を始めとしたクアッドカメラ搭載
  • 6000mAhバッテリー搭載と超大容量バッテリーを搭載
  • スマホ性能も日常利用には問題ない性能
  • ハイレゾ音源に対応

1万円台でSIMフリースマホを探しているなら、現状実質一択となっているXiaomiの「Xiaomi RedMi 9T」です。

Xiaomiは低価格帯の良コスパスマホに提供があるメーカーですが、2021/2に発売された本スマホは他の同価格帯を圧倒してランキング上位に入っています。

何といっても1万円台ではありえないクアッドカメラ搭載、全Androidスマホの中でもトップクラスのバッテリー容量にあります。

さらにスマホ性能も同価格帯の中では優秀な部類で、Webブラウザ利用やYoutube閲覧、アプリ利用までストレスなく利用可能です。

さすがにおサイフケータイ機能や防水機能はありませんが、1万円台の予算でスマホを探している方はXiaomi RedMi 9Tを選んでおくと間違いありません。

HUAWEI nova lite 3+ バランスがよく軽いHuaweiスマホ

HUAWEI nova lite 3+

おすすめポイント

  • メイン2400万画素を始めとしたトリプルカメラ搭載
  • 159gと軽いスマホで幅や高さ・厚みも優秀
  • 6.15インチと大きすぎないディスプレイサイズ

この価格帯では、先ほど紹介したXiaomi RedMi 9Tがコスパで圧倒的ではありますが、もう1つ違う観点からの紹介です。

コスパが高いことで有名のHuaweiから発売されているHUAWEI nova lite 3+です。2020/5に発売されています。

スマホ性能やカメラ性能など、各種性能ではXiaomi RedMi 9Tには劣っていますが、重さ159gを始めとした幅や高さ・厚みなどのサイズ性能の高さが優れているポイントです。

Xiaomi RedMi 9Tの唯一の弱点として、約200gの重量がありましたが、HUAWEI nova lite 3+は比較すると約40g軽い軽量スマホです。

またディスプレイの大型化が進んでいる昨今において、6.15インチと大きすぎないディスプレイサイズも人気の一つです。

コスパ面では劣るものの、スマホの持ちやすさやディスプレイサイズに魅力を感じる方は検討してみてはいかがでしょうか。

1万円台の2機種については、以下記事で詳細な比較を行っていますので、合わせて参考にしてみてください。

2万円台のSIMフリーAndroidスマホ

非常に激戦区となっている2万円台のSIMフリースマホの紹介です。

この辺りの価格帯で充分な性能が揃っているので、一番コスパ面でもおすすめできる価格帯になっています。

OPPO Reno A 防水・防塵・おサイフケータイ対応

OPPO Reno A

おすすめポイント

  • 有機ELディスプレイ搭載
  • インカメラ2500万画素のトップクラスのインカメラ性能
  • 防水・防塵機能に高い品質で対応
  • おサイフケータイ機能完備
  • スマホサイズ性能が優秀

まずこの価格帯で真っ先におすすめしたいのはOPPOから発売されている「OPPO Reno A」です。

実はこの機種は発売は2019/10と発売から既に1年以上経過しており、既に次世代機となる「OPPO Reno3 A」が登場しています。

ただコスパ面では1つ前のOPPO Reno Aをおすすめしています。

まず型落ちと言うこともあり、発売当初よりも値段が落ちており、当初価格の半値近くとなる2万円前半まで価格が下落しています。

更に次世代機の「OPPO Reno3 A」と大きく性能は変わっておらず、CPUのスマホ性能に関してはOPPO Reno Aの方が上です。

この価格帯で有機ELディスプレイ、おサイフケータイあり、IPX7・IP6Xの最高レベルの防水・防塵機能ありと文句なしのAndroidスマホです。

若干マイナス面もあり、スマホ性能面は日常利用には問題ないものの高くはないことと、急速充電に対応出来ていない点があります。

ただ上記を除けば非常に良コスパの機種なので、バランスのよい機種を探している場合にはおススメできる機種です。

Redmi Note 9S Snapdragon 720G搭載の高いスマホ性能

Redmi Note 9S

おすすめポイント

  • メイン4800万画素を始めとしたクアッドカメラ搭載
  • snapdragon elite gaming対応のゲーム利用向きスマホ
  • SIMカード2枚刺し+SDカード利用ができるトリプルスロット対応
  • 防水機能に対応

続けての紹介はXiaomiから発売されている「Redmi Note 9S」です。

発売当初からコスパ観点の評判が非常に高く、同価格帯ではトップで売れ続けているスマホです。

発売時点から2万円台のスマホで、人気の高さから値下がりしづらいことが残念ではあるものの、余りあるスマホ性能の高さが魅力です。

とにかくこの機種はスマホ性能・カメラ性能面に振り切った仕様となっており、いずれも2万円台とは思えない性能の高さです。

既に発売から半年以上が経過していますが、全く追従を許さないコスパ性能となっています。

またXiaomi製の同価格帯のスマホの中では珍しく、防水機能に対応している点も嬉しいポイントです。

OPPO Reno Aと比較するとディスプレイ面やおサイフケータイ有無が変わってくるため、どちらを重視するかで決めるとよいでしょう。

先ほど紹介したOPPO Reno Aとの比較記事もありますので、参考にしてみてください。

TCL 10 Pro 値下がり率が高く高コスパ性能となったTCLスマホ

TCL 10 Pro

おすすめポイント

  • 有機ELディスプレイ搭載
  • リフレッシュレート90Hzに対応
  • Qualcomm® Snapdragon 675/6GB搭載の良コスパ性能
  • メイン6400万画素を始めとしたクアッドカメラ搭載
  • 画面占有率93%とディスプレイの比率が高い

3つ目に紹介するのはTCLが発売しているTCL 10 Proです。

もともと2020/4に発売され約5万円のミドルレンジスマホでしたが、値下がり率が非常に高く、最新調査時点では2万円台まで価格が落ちています。
※タイミングによっては2万円を割っています。

Redmi Note 9Sに比べると多少性能は落ちるものの、少し前のミドルレンジ帯の性能を持っており、高いカメラ性能や有機ELディスプレイ搭載されている点などから非常にコスパ面で優秀です。

もともと大きく注目を集めた機種ではありませんでしたが、値下がりによりコスパ面から再度注目されている機種です。

防水・防塵・おサイフケータイ機能はありませんが、非常にバランスに優れた機種となっています。

3万円~5万円台のSIMフリーAndroidスマホ

ここからは3万円~5万円台のAndroidスマホでおススメ機種を紹介していきます。

この辺りの価格帯になると、5G対応のスマホも入ってくるため、長期的に利用するのであれば、5G対応有無もチェックしてみてください。

Redmi Note 10 Pro 1億800万画素の驚異的なカメラ性能

Redmi Note 10 Pro

おすすめポイント

  • 有機ELディスプレイ搭載でリフレッシュレート120Hz対応
  • メイン1億800万画素を始めとした驚異的な性能のクアッドカメラ搭載
  • snapdragon elite gaming対応のゲーム利用向きスマホ
  • 5020mAhと大型バッテリーを搭載
  • 内部ストレージ128GBまで対応
  • 防水・防塵機能に対応
  • トリプルスロット搭載のためSIMカード2枚+外部SDカード利用可

「Redmi Note 10 Pro」は先ほど紹介した「Redmi Note 9S」と同じXiaomiから2021/4に発売されたAndroidスマホです。

Redmi Note 9Sと同じタイミングで発売されているMi Note 10 Liteに価格面や性能が近しい機種ですが、価格はほぼ変わらずスマホ性能・カメラ性能ともにMi Note 10 Liteから1段階レベルアップした性能となっています。

ディスプレイサイズはRedmi Note 9Sと同じ6.67インチですが、200gを切る重さになっておりバッテリー容量を考えると、サイズ性能もXiaomi系のスマホの中では優秀と言えます。

更に有機ELディスプレイも搭載しており、防水・防塵機能にも対応しています。おサイフケータイ機能はないものの、コスパ面では同価格帯のAndroid機種の中では最も優れている機種です。

特にカメラ性能に関しては、10万近くのハイエンド機種と比較しても遜色のない性能であり、3万円台では考えられないスペックとなっています。

さらにリフレッシュレート120Hzに対応しており、スマホのスクロールや動画再生・ゲームなど滑らかな動きを体感できます。この価格帯で120hzに対応しているスマホはほぼありません。

先に紹介しているRedmi Note 9Sとは約1万円の価格差があり、どちらを選択するかは悩ましいところですが、防水機能も含めて長く利用したい方にはRedmi Note 10 Proは非常におすすめできるスマホです。

このブロックの中では、3万円台前半と比較的安価な価格帯である点も魅力的です。

 

OPPO Reno5 A 5G対応かつバランスのよいOPPOスマホ

OPPO Reno5 A

おすすめポイント

  • 5Gのsub6対応
  • リフレッシュレート90Hz対応のディスプレイ
  • Snapdragon765Gが搭載されておりスマホ性能が高い
  • メインカメラ6400万画素のクアッドカメラ搭載
  • 1TBまでの外部ストレージに対応
  • 防水・防塵機能に高い品質で対応
  • おサイフケータイ機能完備

5G対応スマホからは、1つ目にOPPOから発売されているOPPO Reno5 Aを紹介します。

5G対応のAndroidスマホは、まだまだ4G専用のスマホに比べるとコスパ面では劣るスマホが多い状況ですが、その中でもOPPO Reno5 Aだけは、5G対応の中でも高いコスパ性能として話題となっており、発表直後からランキング入りを続けている人気機種になりました。

国内で人気のOPPO製の強みである、防水・防塵機能に完全対応、カメラ性能の高さ、おサイフケータイ対応などはしっかり対応しています。

さらに今までのOPPO製のミドルレンジスマホと異なる点として、スマホの動作性能面も満足できる性能である点が特徴で、ゲーム含めてストレスなく利用できる性能となっています。

他にもいくつか5G対応のAndroid SIMフリースマホは発売されているものの、本機種は価格から見ても抜けた性能となっており、長く使える良スマホです。

OPPO Reno5 Aはコスパの高いスマホではあるものの、一方で全体的なコスパ視点では、次に紹介するMi 11 Lite 5Gのほうが上回る性能となっています。合わせてチェックしてみてください。

Mi 11 Lite 5G 5G対応のミドルレンジ帯コスパ最強スマホ

Mi 11 Lite 5G_紹介

おすすめポイント

  • Snapdragon780Gが搭載されており非常に高いスマホ性能
  • 5Gのsub6対応
  • 有機ELディスプレイ搭載かつリフレッシュレート90Hz対応のディスプレイ
  • メインカメラ6400万画素のトリプルカメラ搭載、インカメラも2000万画素搭載
  • 防水・防塵機能、おサイフケータイ機能完備
  • 厚さが6.81mm、重さ159gと驚異的なサイズ仕様

5G対応スマホから、もう1つ同価格帯の中ではトップのコスパ性能であるMi 11 Lite 5Gを紹介します。

先ほど紹介したOPPO Reno5 Aが、5G対応かつコスパ性能に優れるスマホとして発売され人気機種となりましたが、そのOPPO Reno5 Aを上回るコスパの5G対応スマホとして2021/7に発売されました。

本機種はXiaomiが強みとしているスマホ性能をはじめとして、おすすめポイントにも記載しているおサイフケータイ対応から、スマホのサイズ仕様まで幅広く強化されている点です。

6.55インチと比較的大きめなディスプレイサイズではあるものの、厚さが6.81mm、重さ159gとiPhoneと比べても、驚異的なサイズ性能でiPhone含めた他機種を圧倒しています。

※参考:人気の高い4.7インチディスプレイの「iPhone SE(第2世代)」が厚さ7.3mm、重さ148g

またOPPO Reno5 Aと大きく価格面でも変わらないことから、コスパ観点では実質一択のスマホとなっています。同価格帯で5Gスマホを探している方には一番おススメできるスマホです。

OPPO Reno5 Aと比較した記事もありますので、気になる方はチェックしてみてください。Mi 11 Lite 5Gのコスパ性能の高さが分かる内容です。




-Android, ガジェット
-, ,

© 2021 Moment Tech