Android ガジェット

TCL PLEXとZenFone Max (M2) をコスパ比較 | 価格とスペックから徹底解説

TCL PLEX

この記事では共にミドルレンジ帯に位置する良コスパのTCL PLEXとZenFone Max (M2) について、どちらが総合的に優れているか徹底比較していきます。

2019/12/28に発売されたTCL PLEXは約3万円台の機種にも関わらずトップクラスのコスパ性能を持ち、同価格のHuaweiやOPPOと激しい価格競争が実施されることが予想されます。

TCLってどういう会社?

TCLとASUSの人気機種比較になりますが、TCLは正式にはTCLエレクトロニクスという名称で中国の家電メーカーになります。

テレビの出荷台数では世界でサムスンに次ぐ第2位をLGと争っている会社です。

元々テレビ市場で有名だった企業ですが、2019年から日本のテレビ市場に参入しスマホ市場でも参戦してきました。その第一弾となります。

TCL PLEXとZenFone Max (M2) のスペック比較

早速両者のパフォーマンス比較です。両者の一番の違いは価格帯でZenFone Max2(M2)は約25000円であることに対してTCL PLEXは約30000円と約5000円ほどの違いがあります。

ただしZenFone Max (M2) は32GB/64GBの2種類を価格帯のバリエーションに違いがあり、今回は上位機種である29000円台の端末として比較します。

項目TCL PLEXZenFone Max (M2)
OSTCL PLEX UI(Android 9ベース)Android8.1
カラーObsidian Black、Opal Whiteミッドナイトブラック、スペースブルー、メテオシルバー
価格約30000円約20000円
ディスプレイ6.53 インチ(2340 x 1080ピクセル)6.3インチ(1520×720ピクセル)
プロセッサーQualcomm® Snapdragon 675(8コア)Qualcomm® Snapdragon™ 632 (8コア)
RAM6GB4GB
アウトカメラ4800万画素+1600万画素+200万画素1300万画素 + 200万画素
インカメラ2400万画素800万画素カメラ
ストレージ128GB 64GB
サウンド通常通常
通信機能Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi 802.11a/b/g/n
SIMカードスロットnanoSIM nanoSIM (トリプルスロット)
デュアルSIMあり あり(DSDV)
SDカードスロットmicroSDスロット(最大256GB)microSDスロット(最大2TB)
認証指紋認証・顔認証 指紋認証、顔認証
バッテリー3820mAh4000mAh
コネクターUSB-C™ USBmicroUSB
重さ192g160g
幅 高さ 厚み76.56mm 162.2mm 7.99mm76.2mm 158.4mm 7.7mm
ヘッドホンジャックあり あり
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 4.2
防水非対応 非対応
防塵非対応 非対応
おサイフケータイ非対応 非対応
FeliCa⁷非対応 非対応
NFC非対応 非対応
ワイヤレス充電非対応 対応
急速充電対応 非対応

スペックの違い

OS TCL PLEXはAndroid10配信済み

OS

ともに現時点で最新の1つ前になるAndroid9インストールが可能です。ZenFone Max (M2) ではデフォルトはAndroid8系ですが、既にAndroid9対応は実施されているためアップデート可能です。

気になる最新OSのAndroid10についてTCL PLEXは2020年3月31日にリリース済み、ZenFone Max (M2)の時期は現時点で不明です。

そのため最新OSを使いたい方はTCL PLEXを選択しましょう。

プロセッサー、RAM 、ディスプレイはTCL PLEX

TCL PLEXディスプレイ

プロセッサー性能はベンチマークスコア上、TCL PLEXが1.5倍以上優秀です。

TCL PLEXはRAMも6GB搭載とハイレンジ帯のスペックを誇っており、3Dの重たいゲームや動画編集なども苦にしないパワーを持っています。

ディスプレイの大きさはTCL PLEXは約6.53インチ、ZenFone Max (M2)は6.3インチと大きく違いはありませんが画素数はTCL PLEXのほうが圧倒的に性能が高く、比較すると画質の差が分かるレベルです。

カメラ性能はTCL PLEX

TCL PLEXカメラ

こちらもピクセル数で圧倒的な強さを誇り、アウトカメラ・インカメラともにTCL PLEXの圧勝です。

価格帯で考えるとアウトカメラは 4800万画素+1600万画素+200万画素 、インカメラも2400万画素と破格の性能となっています。

デュアルSIM仕様

ZenFone Max (M2)はDSDV形式に対応しているため、4G回線にてSIMカードの2枚利用が可能になっています。詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

DSDV徹底解説 DSDSとDSDVの違いとは?

ZenFone Max (M2)はトリプルスロット対応のため、SIMカード2枚刺し+SDカード利用が可能です。

対してTCL PLEXはデュアルSIM対応はされているものの、DSDS/DSDVともに未対応となっています。

認証方式

認証方式

TCL PLEX、 ZenFone Max (M2) ともに指紋認証+顔認証に対応できています。

昨今の顔認証技術の進歩は早く、誤検知無し・一瞬でロック解除できるレベルなので、顔認証だけでも何不自由ないですが、暗闇だったりサングラスや眼鏡有無などで効きづらい場面もあるため指紋認証もあるのは嬉しいポイントです。

各アプリ内の認証は指紋認証のみ対応しているケースも多いため、利用シーンによっては指紋認証機能があることは大きなメリットとなります。

SDカードスロット対応

ZenFone Max (M2)は外部スロット2TBまで対応しており、Android他機種に比べても対応範囲が広くなっています。

最近ではクラウド上に保管できるサービスも増えていますが、端末内に多くの画像や音楽を保管したい方には嬉しい点です。

重さ、幅、高さ、厚み

多少モニタサイズに違いがあるものの、 ZenFone Max (M2) の重さ160gはスペックから見ると優れています。

TCL PLEXも200gを切っており重い機種ではありませんが、端末サイズのパフォーマンスでは ZenFone Max (M2) のほうが優秀です。

ただしTCL PLEXも6.53インチの大画面モニタを考えた際には重さ、幅、高さともに優秀なスペックとなっており、厚みも200gを切っています。

bluetoothのバージョンが異なる

TCL PLEXでは5.0に対応、ZenFone MAX(M2)は4.2の対応となっています。ではどういった違いがあるかで言うと以下の違いがあります。

通信範囲が10mから100mへ広がったこと。
転送速度が1mpsから2mpsへと最大2倍になったということ。
通信速度も約2倍。

一見、大幅な進化がされているようにも見えますが、スマホ利用のbluetoothにおいては、あまり変化がないことと、5.0でないと使えない機能がある、音質が向上するといったことはないため、バージョンの違いで購入端末を選択するほどの内容ではないです。

またbluetoothは基本的に互換性が保たれた仕組みとなっているため、4.2の端末において5.0対応のイヤホンが使えないようなことはありません 。

防水・防塵機能

防水・防塵機能には両機種とも対応できていません。同時期の人気機種であるAQUOS Sense3などを筆頭に対応機種は増えてきているため、多少マイナスポイントです。

おサイフケータイ、Felica、NFC対応

おサイフケータイ

防水・防塵機能と同じく両機種ともに非対応です。こちらは海外製品ということもありますが、両者の価格帯を見る限り仕方のない点にはなります。

ワイヤレス充電・急速充電

TCL PLEXは急速充電に対応しています。急速充電機能は助かる場面が多く、利用頻度が多い方から見るとZenFone Max (M2)は若干マイナスポイントです。

逆にZenFone Max (M2)はワイヤレス充電に対応しています。

まとめ

動作パフォーマンスやディスプレイ・カメラ性能など基本的な性能面ではTCL PLEXがZenFone Max (M2)を圧倒しています。

  • 動作のパフォーマンス・ディスプレイ性能・カメラ性能全てでTCL PLEXが圧勝
  • 防水防塵やおサイフケータイには共に未対応
  • 重さは約30g ZenFone MAX(M2)が軽い

ZenFone MAX(M2)は約30g軽いことが唯一の利点ですが、同じ160g辺りのスマホであればHUAWEIのp30liteを選択するべきです。

以下の記事では上記HUAWEI P30 liteとTCL PLEXの比較記事を書いています。 こちらも参考にしてみてください。

TCL PLEXとHUAWEI P30 liteをコスパ観点で徹底比較

コスパ目線でおすすめのSIMフリーAndroidスマホを価格帯別に紹介

ここからは本記事で紹介した機種も含め、おすすめできるSIMフリーのAndroidスマホを価格帯別で紹介します。

最新の良コスパのAndroidスマホから、型落ちで結果的にコスパ面で優秀になっているスマホまで幅広い対象から選定しています。

また広く国内で提供されており、各キャリアで利用する上で問題のないスマホを対象としました。

※2022/09/02に価格チェック後、対象見直しを実施しています。

1万円台のSIMフリーAndroidスマホ

まずはAndroidスマホならではの低価格帯スマホです。1万円台ではあるものの、非常にコスパの良いスマホが揃っており、日常利用には問題なく利用できるスマホもあります。

円安の影響から2万円台になるスマホもありますが、安価に使いやすいスマホのラインナップとなります。

Xiaomi RedMi 9T 驚異のクアッドカメラ搭載

Xiaomi RedMi 9T

おすすめポイント

  • 驚異のメイン4800万画素を始めとしたクアッドカメラ搭載
  • 6000mAhバッテリー搭載と超大容量バッテリーを搭載
  • スマホ性能も日常利用には問題ない性能
  • ハイレゾ音源に対応

1万円台でSIMフリースマホを探しているなら、現状実質一択となっているXiaomiの「Xiaomi RedMi 9T」です。

Xiaomiは低価格帯の良コスパスマホに提供があるメーカーですが、本スマホは他の同価格帯を圧倒してランキング上位に入っています。

何といっても1万円台ではありえないクアッドカメラ搭載、全Androidスマホの中でもトップクラスのバッテリー容量にあります。

さらにスマホ性能も同価格帯の中では優秀な部類で、Webブラウザ利用やYoutube閲覧、アプリ利用までストレスなく利用可能です。

さすがにおサイフケータイ機能や防水機能はありませんが、1万円台の予算でスマホを探している方はXiaomi RedMi 9Tを選んでおくと間違いありません。

人気スマホのため2万円前後になるタイミングもありますが、それでもコスパには優れた機種です。

OPPO Reno A 防水・防塵・おサイフケータイ対応

OPPO Reno A

おすすめポイント

  • 有機ELディスプレイ搭載
  • インカメラ2500万画素のトップクラスのインカメラ性能
  • 防水・防塵機能に高い品質で対応
  • おサイフケータイ機能完備
  • スマホサイズ性能が優秀

ストアによっては2万円を切る価格帯のOPPOから発売された「OPPO Reno A」です。

この機種は発売から時間が経過しており、既に次世代機となる「OPPO Reno3 A」や「OPPO Reno5 A」「OPPO Reno7 A」が登場していますが、コスパ面では最新から3世代前となるOPPO Reno Aもおすすめしています。

発売当初は3万円台でランキングトップに入るほど売れた商品ですが、すでに安く手に入る時は1万円台まで価格が下がっています。

この価格帯で有機ELディスプレイ、おサイフケータイあり、IPX7・IP6Xの最高レベルの防水・防塵機能ありと文句なしのAndroidスマホです。

若干マイナス面もあり、スマホ性能面は日常利用には問題ないものの高くはないことと、急速充電に対応出来ていない点があります。

ただ上記を除けば、非常に良コスパの機種で、日常使いには全く問題ない性能・機能搭載となっているため、1万円台~2万円で長く使えるバランスのよい機種を探している場合にはおススメできる機種です。

2万円台のSIMフリーAndroidスマホ

非常に激戦区となっている2万円台のSIMフリースマホの紹介です。

この辺りの価格帯でも充分な性能が揃っているので、一番コスパ面でもおすすめできる価格帯になっています。

Redmi Note 11 有機EL搭載かつリフレッシュレート90Hz対応

Redmi Note 11

おすすめポイント

  • 有機ELディスプレイ対応かつ90Hzリフレッシュレート対応
  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • 1時間でフル充電できる33W急速充電対応
  • クアッドカメラ搭載でインカメラも高性能

まずはXiaomiから発売されている「Redmi Note 11」です。

とにかくXiaomiの低価格スマホはコスパが高いことで知られており、本スマホも発売直後からコスパの良さで人気のスマホになっています。

Redmi Note 11の最大の特徴は2万円台で有機ELディスプレイ対応かつリフレッシュレート90Hz対応している点です。動画やSNSメインの方には最適なスマホです。

他にはバッテリー性能も優秀で、急速充電機能は他Androidスマホよりも高い33Wの急速充電に対応しています。大容量バッテリーではあるものの約1時間でフル充電が可能です。

Xiaomi製の中ではスマホ動作性能が低い点と、おサイフケータイや防水・防塵機能に対応出来ていない点はあるものの、利用シーンによってはオススメできるスマホの一つです。

Redmi Note 9S 高いスマホ性能のSnapdragon 720G搭載スマホ

Redmi Note 9S

おすすめポイント

  • メイン4800万画素を始めとしたクアッドカメラ搭載
  • snapdragon elite gaming対応のゲーム利用向きスマホ
  • SIMカード2枚刺し+SDカード利用ができるトリプルスロット対応
  • 防水機能に対応

続けてもXiaomiから発売されている「Redmi Note 9S」です。

発売から時間が経っていますが、発売当初からコスパ観点の評判が非常に高く、同価格帯では長く上位で売れ続けているスマホです。

発売時点から2万円台のスマホで、人気の高さから値下がりしづらいことが残念ではあるものの、余りあるスマホ性能の高さが魅力です。

先ほど紹介したRedmi Note 11とは違い、とにかくこの機種はスマホ性能・カメラ性能面に振り切った仕様となっており、いずれも2万円台とは思えない性能の高さです。

また低価格帯のXiaomi製の同価格帯のスマホの中では珍しく、防水機能に対応している点も嬉しいポイントです。

OPPO A54 5G 5G対応かつ高いカメラ性能

OPPO A54 5G

おすすめポイント

  • 2万円台 × 5Gネットワーク対応
  • リフレッシュレート90Hzのディスプレイ
  • メイン4800万画素のクアッドカメラ搭載
  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • トリプルスロット対応によりSIMカード2枚+SDカード利用が可能

続けて同価格帯で紹介するのは、OPPOから主要メーカーではほぼ最安値となる5G対応スマホのOPPO A54 5Gです。

何といっても低価格で5G対応している点が評価されているポイントですが、他にも90Hzリフレッシュレート対応や高いカメラ性能など、バランスのよいスマホとなっています。

スマホ性能もSnapdragon 480 5Gが搭載されており、普段使いには全く支障のない性能です。

防水・防塵機能やおサイフケータイに対応できていない点はマイナスですが、その辺りを不要としている方からするとトップクラスの良コスパスマホでしょう。

発売当時からの値下がりもあり当初よりもさらに安価に購入できることから、なるべく安く5G対応スマホを購入したい方には、実質一択のスマホです。

本機種以降に、OPPOからエントリーモデルとなる「OPPO A55s 5G」が発売されていますが、コスパ性能面ではOPPO A54 5Gのほうが優秀なため、注意しましょう。

3万円~5万円台のSIMフリーAndroidスマホ

ここからは3万円~5万円台のAndroidスマホでおススメ機種を紹介していきます。

この辺りの価格帯になると、5G対応がスタンダードになってきます。

まだまだ5Gが一般的に普及していない状況ではあるものの、2年以上の長期利用を考えている方は、5G対応有無もチェックしてみてください。

moto g52j 5G Motorola日本仕様の高コスパスマホ

moto g52j 5G

おすすめポイント

  • 6.8インチの大型ディスプレイ搭載
  • Snapdragon 695 5G搭載。高コスパのスマホ動作性能
  • 高い防水・防塵機能とおサイフケータイ対応
  • メイン5000万画素のトリプルカメラ搭載
  • 5000mAhと大型バッテリーを搭載
  • 外部ストレージ1GB対応

本価格帯で最初に紹介するのは、今回ではMOTOROLA製で唯一の紹介となるmoto g52j 5Gです。

AndroidスマホはOPPOやXiaomi製のコスパが非常に高く、他メーカーがなかなか入れない状況ではあるものの、本製品は日本仕様に特化しつつコスパを求めた機種となっています。

日本仕様に合わせる形でおサイフケータイ対応・防水・防塵機能に対応しており、スマホ動作性能やカメラ性能も充分な仕様が搭載されています。

また6.8インチの大型ディスプレイも他にはない魅力です。200gを超える重さにはなってしまいますが、バッテリー容量も多く安心できます。

価格帯も3万円台の前半で購入できるタイミングもあり、本価格帯の中では比較的安価に購入できる良コスパスマホです。

Redmi Note 10 Pro 1億800万画素の驚異的なカメラ性能

Redmi Note 10 Pro

おすすめポイント

  • 有機ELディスプレイ搭載でリフレッシュレート120Hz対応
  • メイン1億800万画素を始めとした驚異的な性能のクアッドカメラ搭載
  • snapdragon elite gaming対応のゲーム利用向きスマホ
  • 5020mAhと大型バッテリーを搭載
  • 内部ストレージ128GBまで対応
  • 防水・防塵機能に対応
  • トリプルスロット搭載のためSIMカード2枚+外部SDカード利用可

ディスプレイサイズは6.67インチの大型ディスプレイですが、200gを切る重さになっておりバッテリー容量を考えると、サイズ性能もXiaomi系のスマホの中では優秀と言えます。

更に有機ELディスプレイも搭載しており、防水・防塵機能にも対応しています。おサイフケータイ機能はないものの、コスパ面では同価格帯のAndroid機種の中では最も優れている機種です。

特にカメラ性能に関しては、10万近くのハイエンド機種と比較しても遜色のない性能であり、3万円台では考えられないスペックとなっています。

さらにリフレッシュレート120Hzに対応しており、スマホのスクロールや動画再生・ゲームなど滑らかな動きを体感できます。

防水機能も含めて長く利用したい方にはRedmi Note 10 Proは非常におすすめできるスマホです。

OPPO Reno7 A 5G対応かつバランスのよいOPPOスマホ

おすすめポイント

  • 5Gのsub6対応
  • 有機ELかつリフレッシュレート90Hz対応のディスプレイ
  • Snapdragon 695 5G搭載
  • メインカメラ4800万画素のクアッドカメラ搭載
  • 防水・防塵機能に高い品質で対応
  • おサイフケータイ機能完備

続けてOPPOから発売されているOPPO Reno7 Aを紹介します。発売する度にランキング入りする人気のOPPO最新機種です。

OPPO Reno7 Aの非常にバランスの良さを売りにしている機種となっており、総合的なコスパも非常に高いです。

6.4インチディスプレイかつ175gの重さ、7.6mmという持ちやすさも魅力の一つです。

OPPO製の強みである、防水・防塵機能に完全対応、カメラ性能の高さ、おサイフケータイ対応などしっかり対応しています。

また今までのOPPO製スマホと比較しても、スマホの動作性能面も満足できる性能である点が特徴で、ゲーム含めてストレスなく利用できる性能となっています。

他にもいくつか5G対応のAndroid SIMフリースマホは発売されているものの、本機種は価格から見て高い性能となっており、長く使える良スマホです。

今回は後発となるOPPO Reno7 Aを紹介しましたが、一世代前のOPPO Reno5 Aも性能差は大きくなく、コスパ面ではおすすめできる機種の一つです。

Mi 11 Lite 5G 5G対応のミドルレンジ帯コスパ最強スマホ

Mi 11 Lite 5G_紹介

おすすめポイント

  • Snapdragon780Gが搭載されており非常に高いスマホ性能
  • 5Gのsub6対応
  • 有機ELディスプレイ搭載かつリフレッシュレート90Hz対応のディスプレイ
  • メインカメラ6400万画素のトリプルカメラ搭載、インカメラも2000万画素搭載
  • 防水・防塵機能、おサイフケータイ機能完備
  • 厚さが6.81mm、重さ159gと驚異的なサイズ仕様

5G対応スマホから、もう1つ同価格帯の中ではトップのコスパ性能であるMi 11 Lite 5Gを紹介します。

今回紹介する同価格帯のスマホの中でもNo1のコスパを誇る機種です。

先ほど紹介したOPPO Reno7 Aをスマホ動作性能・カメラ・バッテリー・サイズ性能などワンランクレベルアップさせたスマホです。

6.55インチと比較的大きめなディスプレイサイズではあるものの、厚さが6.81mm、重さ159gとiPhoneと比べても、驚異的なサイズ性能でiPhone含めた他機種を圧倒しています。

※参考:人気の高い4.7インチディスプレイの「iPhone SE(第2世代)」が厚さ7.3mm、重さ148g

またOPPO Reno7 Aと大きく価格面でも変わらないことから、コスパ観点では実質一択のスマホとなっています。同価格帯で5Gスマホを探している方には一番おススメできるスマホです。

圧倒的なコスパ性能からしばらく販売価格が下がらない機種になります。

同じXiaomiからXiaomi 11T ProやRedmi Note 11 Pro 5Gなどの後続機種も登場していますが、本スマホよりはコスパ面では劣ります。

OPPO Reno7 Aと比較した記事もありますので、気になる方はチェックしてみてください。Mi 11 Lite 5Gのコスパ性能の高さが分かる内容となっています。

5万円以上のSIMフリーAndroidスマホ

最後に5万円台以上のスマホから、コスパに優れたAndroidスマホを紹介します。

同価格帯にはGoogleのPixelシリーズ(6, 6a, 6pro)がありますが、コスパ面から見ると次二紹介する機種のほうがおすすめです。

Xiaomi 11T Pro ハイエンド機種では実質一択の高コスパスマホ

Xiaomi 11T Pro

おすすめポイント

  • Snapdragon 888搭載。Antutu70万台後半の高いスマホ性能
  • 6.67インチ有機ELディスプレイかつリフレッシュレート120Hz対応
  • 5000mAh大型バッテリーかつハイパーチャージ機能搭載
  • おサイフケータイ、防水・防塵機能あり
  • 5Gネットワーク対応

本価格帯で紹介するのは、5万円以上の価格帯でSIMフリー端末として、圧倒的に売れ続けているXiaomi 11T Proです。

あらゆるゲームをサクサク遊べる性能のスマホを探しており、少しでも安価に・・と考えている方には実質一択でおすすめできるスマホです。

まずは多くのハイエンド機種に採用されているSnapdragon 888が搭載されており、性能スコアを計るAntutuスコアでは70万台後半となります。

高いスマホ性能を全面に押し出しているZenfone8とほぼ同レベルの性能スコアであり、原神などをはじめとした高スペックが求められるゲームもサクサク動きます

ディスプレイ面やカメラ性能も高いレベルのスマホであり、おサイフケータイ対応など国内仕様にもバッチリ対応できています。

また17分で100%充電できるハイパーチャージ機能は非常に便利で、Xiaomi製スマホを選ぶ理由の一つにもなっています。

ソニーのエクスペリア系も同価格帯でSIMフリースマホとしては発売していますが、コスパ面では圧倒的に上回っている性能となっています。

-Android, ガジェット
-, ,

© 2022 Moment Tech