oppo_a5_2020

Android ガジェット

OPPO A5 2020とOPPO Reno Aの違いは?違いを徹底比較

Androidの秋冬端末が各会社から発表されていますがOPPO Reno Aに続いて、OPPO A5 2020が2019/10から発売されています。

そこで今回は同じタイミングで発表されたOPPOの2端末についての比較と、このタイミングで購入する際にどちらがお勧めかについて書いていきます。

OPPO Reno Aと OPPO A5 2020 のパフォーマンス比較

早速両者のパフォーマンス比較です。まず両者の一番の違いは価格帯でOPPO A5 2020は3万円弱であることに対してOPPO Reno Aは40000円弱と約1万円ほどの違いがあります。

項目OPPO Reno A OPPO A5 2020
OSColorOS 6(Android 9ベース) ColorOS 6(Android 9ベース)
カラーブルー、ブラック グリーン、ブルー
価格約35000円約28000円
ディスプレイ6.4インチ フルHD+有機EL
(2340 x 1080)
約6.5インチ(1600 x 720ピクセル)
プロセッサーQualcomm® Snapdragon 710(8コア)Qualcomm® Snapdragon 665 (8コア)
RAM6GB4GB
アウトカメラ1600万画素 + 200万画素 約1200万+約800万+約200万 + 約200万画素の4眼カメラ
インカメラ2500万画素 約1600万画素
ストレージ64GB64GB
サウンド ハイレゾ対応ハイレゾ対応(イヤホン使用時)
通信機能Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 
SIMカードスロットnanonano(トリプルスロット)
デュアルSIMあり(DSDV) あり(DSDV)
SDカードスロットmicroSDスロット(最大256GB) microSDスロット(最大256GB)
認証指紋認証、顔認証 指紋認証、顔認証
バッテリー3600 mAh5000 mAh
コネクターUSB-C™ USBUSB-C™ USB
重さ169.5 g195g
幅 高さ 厚み75.4mm 158.4mm 7.8mm75.6mm 163.6mm 9.1mm
ヘッドホンジャックありあり
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水・防塵対応防塵のみ。IP5X
おサイフケータイ対応未対応
FeliCa⁷対応未対応
NFC対応対応
ワイヤレス充電非対応非対応
急速充電非対応非対応

スペックの違い

OS

ともに現時点で最新の1つ前になるAndroid9が搭載されています。両機種ともに明確な時期は不明ですがOPPO Renoシリーズが順次対応されていることからOPPO Reno AおよびOPPO A5 2020に関してもAndroid10対応はいずれ実施されると思われます。

また共に搭載されているColorOSについてAndroidをベースに作られていますが、カスタマイズされておりUIがiPhoneに近い形になっています。そのためAndroidに慣れている方やランチャーをカスタマイズする方は多少使いづらさはあるかもしれません。

逆にiPhoneを使っていた方は違和感なく入っていけると思われます。

プロセッサー、RAM 、ディスプレイ

それぞれ圧倒的にOPPO Reno Aのほうが優れています。ただしOPPO A5 2020に関しても処理の重さに関しては通常のブラウジングや動画を見る程度では特に気にならない性能です。

カメラ性能

OPPO A5 2020 smartphone back - Dark green gradient

OPPO A5 2020は4眼レンズを採用しており、あまりアウトカメラに重きを置いていないOPPO Reno Aに比べて優っている部分です。インカメラは圧倒的にOPPO Reno Aのほうが優秀ですが OPPO A5 2020も同社が売りとしているAI機能も保持しており、通常利用する分には OPPO A5 2020 でも問題ないレベルにあるように感じます。

デュアルSIM仕様は共にDSDV方式に対応

どちらの端末もDSDV形式に対応しているため、4G回線にてSIMカードの2枚利用が可能になっています。詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

DSDV徹底解説 DSDSとDSDVの違いとは?

バッテリー性能

一番差が出ている部分でOPPO A5 2020は5000mAhと大容量のバッテリーを積んでいます。またリバース充電機能が採用されておりワイヤレス充電可能なスマホを持っている方であればOPPO A5 2020から充電することが可能になっています。

上記の通り、モバイルバッテリーとしての役割も果たすことができるため、2台目として優秀な機種と捉えることもできます。

重さ、幅、高さ、厚み

あらゆる面でOPPO Reno Aのほうが優秀です。ここも値段とのトレードオフになる部分だと思われます。ただ OPPO A5 2020 に関しても89.3%と高い画面占有率となっており、他のローエンドスマホと比べると遥かに優れています。

おサイフケータイ、Felica、NFC対応

OPPO A5 2020はNFCには対応していますが、おサイフケータイ未対応です。ここは価格を見る限り仕方ないところではあります。

OPPO Reno Aはいずれも対応しています。

まとめ

バッテリー性能など優れている点は多少あるものの、全般的にOPPO Reno Aのほうがコスパ面では優れています。SIMフリー版だと約1万円の違いであれば少し追加してでもOPPO Reno Aを選択することを進めます。

30000円~のミドルレンジ価格帯であれば以下の記事も書いているので参考にしてみてください。

-Android, ガジェット
-,

Copyright© Moment Tech , 2020 All Rights Reserved.