Android ガジェット

Xiaomi Redmi 9Tとmoto g9 playをコスパ観点で徹底比較

Redmi 9T徹底比較

この記事ではエントリーモデル機種帯で、Xiaomiから発売されたRedMi 9Tと、MOTOROLAから発売されたmoto g9 playについて、どちらがコスパ観点で総合的に優れているか徹底比較していきます。

Redmi 9Tは、日本では2021/2にSIMフリー版として発売された機種で、発売時点で1万円台の高コスパスマホとして注目を集めているスマホです。

一方のmoto g9 playは、エントリーモデルでのトリプルカメラ搭載や大容量のバッテリー搭載の強みとして2020/10に発売されたSIMフリースマホです。

Redmi 9Tとmoto g9 playのパフォーマンス比較

早速、両者のパフォーマンス比較を始めます。価格はRedmi 9Tが1万円台、moto g9 playが2万円台と同じエントリーモデルでありつつ、若干の価格差がある比較になります。

項目Redmi 9Tmoto g9 play
OSAndroid10Android10
カラーオーシャングリーン
カーボングレー
サファイアブルー
フォレストグリーン
価格約17000円約22000円
ディスプレイ6.53インチ フルHD+
(2340x1080ピクセル)
6.53インチ HD+
(1600x720ピクセル)
リフレッシュレート60Hz不明
プロセッサーQualcomm® Snapdragon 662
(オクタコア)
Qualcomm® Snapdragon 662
(オクタコア)
RAM4GB4GB
アウトカメラメイン:4800万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
メイン:4800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
インカメラ800万画素800万画素
ストレージ64GB64GB
サウンドハイレゾ対応
※ハイレゾ対応の出力が必要
通常
SIMカードスロットnanoSIMnanoSIM
デュアルSIMあり(DSDV)あり(DSDV)
SDカードスロットmicroSDスロット(最大512GB)microSDスロット(最大512GB)
認証指紋認証・顔認証指紋認証・顔認証
バッテリー6000mAh5000mAh
コネクターUSB-C™ USBUSB-C™ USB
重さ198g約200g
幅 高さ 厚み77.3mm 162.3mm 9.6mm75.73mm 165.21mm 9.18mm
ヘッドホンジャックありあり
通信機能Wi-Fi 802.11a/b/g/n/acWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
ネットワーク4G4G
防水非対応非対応
防塵非対応非対応
おサイフケータイ非対応非対応
FeliCa⁷非対応非対応
NFC非対応対応
ワイヤレス充電非対応非対応
急速充電対応対応

Redmi 9Tとmoto g9 playのスペックの違い

OS ともにAndroid10搭載

android_os
Redmi 9Tmoto g9 play
Android10Android10

Redmi 9T、moto g9 playともに発売当時で最新の一つ前のOSとなるAndroid10が搭載されています。

どちらの機種も発売時期を考慮するとAndroid11対応はいずれ実施されると考えて良さそうですが、具体的な公式発表はありません。

Redmi 9TはMi 10などでは既に配信がスタートしており(MIUI12)早いタイミングで他のXiaomi端末もAndroid11への対応は実施されると考えられます。

新OSのほうが動作性能や機能アップデートが行われるものの、既に主要機能は搭載されており使い勝手が大きく向上するものではありません。強いこだわりがない方以外は他の性能で見ることをお勧めします。

ディスプレイ性能

Redmi 9T_display
Redmi 9Tmoto g9 play
6.53インチ フルHD+
(2340x1080ピクセル)
6.53インチ HD+
(1600x720ピクセル)
リフレッシュレート:60Hzリフレッシュレート:60Hz

ディスプレイサイズはRedmi 9T、moto g9 playともに6.53インチといずれも大型のディスプレイサイズです。

ディスプレイ性能に関してはRedmi 9TのフルHD+搭載に比べて、moto g9 playはHD+とRedmi 9Tのほうが優秀です。

比較するとHD+のほうがバッテリー消費の面では有利ですが、若干ぼやけた印象を受けます。

プロセッサー、RAM(性能)

Redmi 9Tmoto g9 play
Qualcomm® Snapdragon 662(オクタコア)Qualcomm® Snapdragon 662(オクタコア)
4GB4GB

プロセッサー性能はRedmi 9T、moto g9 playで同一のプロセッサーが搭載が搭載されており、約10万後半のAntutuスコアとなっています。RAMも同一です。
※Antutuスコア=性能を数値化したベンチマークスコア

いずれも通常のブラウザによるWeb閲覧、動画閲覧などでは全く問題ありませんが、ゲーム利用する方には若干物足りないスペックです。

同じ価格帯でスマホ性能が高いスマホを探している場合は、Xiaomiから発売されているRedmi Note 9Sがおすすめです。

カメラ性能

Redmi 9T_camera
Redmi 9Tmoto g9 play
メイン:4800万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
メイン:4800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
インカメラ:800万画素 インカメラ:800万画素

Redmi 9Tはメインカメラ4800画素を含めたクアッドカメラが搭載されており、moto g9 playよりもカメラ性能では優秀です。

moto g9 playは比較すると劣るものの、メインカメラ4800万画素によるトリプルカメラ搭載となっており、カメラ性能に強みを持っている機種です。

インカメラはともに800万画素と、価格面から見ると標準的な性能になっています。

Xiaomi製はAIソフトウェアも含めたカメラ性能の高さは評判が高く、今回紹介する2機種に関しても、カメラ性能視点でおすすめできる機種です。

デュアルSIM仕様

Redmi 9Tmoto g9 play
DSDV対応DSDV対応

Redmi 9T、moto g9 playともにDSDV形式に対応しているため、4G回線にてSIMカードの2枚利用が可能になっています。詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

DSDV徹底解説 DSDSとDSDVの違いとは?

内部ストレージ・SDカードスロット対応

ストレージ
Redmi 9Tmoto g9 play
64GB内部ストレージ64GB内部ストレージ
microSDスロット(最大512GB)microSDスロット(最大512GB)

内部ストレージはRedmi 9T、moto g9 playともに64GBと違いはなく、外部ストレージの対応容量も同じ512GB対応で、ともに大容量の外部ストレージに対応しています。

今回の2機種はカメラ性能が高いこともあり、内部ストレージを使い切ってしまうことも考えられるため、大容量の外部ストレージ対応できているのは嬉しいポイントの一つです。

認証方式

認証方式
Redmi 9Tmoto g9 play
指紋認証、顔認証指紋認証、顔認証

Redmi 9T、moto g9 playともに指紋認証+顔認証に対応しています。

昨今の顔認証技術の進歩は早く、誤検知無し・一瞬でロック解除できるレベルなので、顔認証だけでも何不自由ないですが、暗闇だったりサングラスや眼鏡有無などで効きづらい場面もあるため指紋認証もあるのは嬉しいポイントです。

各アプリ内の認証は指紋認証のみ対応しているケースも多いため、利用シーンによっては指紋認証機能があることは大きなメリットとなります。

指紋認証はRedmi 9Tは側面に電源ボタンと一体化する形で設置されており、moto g9 playは背面に指紋センサーが搭載されています。

バッテリー性能

Redmi 9T_battery
Redmi 9Tmoto g9 play
6000mAh5000mAh

Redmi 9Tのバッテリー容量は6000mAhが搭載されており、他のAndroidスマホと比較しても大容量のバッテリーが搭載されています。

もう一方のmoto g9 playも5000mAhと大容量であり、一般的なAndroidスマホが3000~4000mAhあたりの容量であることと比較すると、バッテリー性能面では優秀です。

ともにフル充電すると、頻度高く利用しない限りは一日以上持つため、バッテリー容量に関して困るケースは少ないでしょう。

重さ、幅、高さ、厚み

OPPO Reno3 A_size
Redmi 9Tmoto g9 play
重さ:198g重さ:約200g
幅・高さ・厚み
77.3mm 162.3mm 9.6mm
幅・高さ・厚み
75.73mm 165.21mm 9.18mm

ディスプレイサイズは同一であり、重さを始めとして幅・高さ・厚みいずれも大きく変わらない結果となっています。

どちらも重量は約200gであり、他のAndroidスマホと比べても特に重量面では重い仕様です。

ただ両スマホともにバッテリー性能を重視したスマホで重くなっている部分もあるため、ディスプレイサイズとバッテリー容量、サイズ感のバランスで選択することをおススメします。

防水・防塵機能

防水・防塵機能
Redmi 9Tmoto g9 play
防水:非対応
防塵:非対応
防水:非対応
防塵:非対応

Redmi 9T、moto g9 playいずれも防水・防塵機能には未対応です。ただmoto g9 playの表面は撥水設計となっています。

この価格帯で防水機能を搭載しているスマホは少ないですが、台所での利用など気を使う必要が出てくるため、マイナスポイントの一つになります。

おサイフケータイ、Felica、NFC対応

OPPO Reno3 A_osaihu
Redmi 9Tmoto g9 play
非対応NFC対応

Redmi 9T、moto g9 playはいずれもおサイフケータイには対応していません。moto g9 playはNFC機能のみ搭載されています。

価格帯で考えると、おサイフケータイ対応できている機種は少ないですが、必要な場合は同価格帯でおサイフケータイ対応されているOPPO端末など検討してみてください。

急速充電・ワイヤレス充電対応

急速・ワイヤレス充電
Redmi 9Tmoto g9 play
急速充電:対応
ワイヤレス充電:非対応
急速充電:対応
ワイヤレス充電:非対応

Redmi 9T、moto g9 playともにワイヤレス充電に未対応、急速充電に対応しています。

どちらもバッテリー容量は大きく、急速充電に対応できているため、非常にバッテリー観点においても使いやすいスマホになっています。

対応バンド/band(4G)

対応バンド/band
Redmi 9TB1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
moto g9 playB1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
キャリアRedmi 9Tmoto g9 play
ドコモ(1,3,19)
au / UQモバイル(1,18 or 26)
ソフトバンク / ワイモバイル(1,3,8)
Rakuten Mobile(3,18 or 26)

※カッコ書きは重要な対応band数字

Redmi 9T、moto g9 playともにSIMフリー版での記載となります。

どちらの機種も4社の重要なband対応が出来ており、国内利用に関しては全く問題ありません。

5G対応

5g_image
Redmi 9Tmoto g9 play
非対応非対応

Redmi 9T、moto g9 playともに5Gネットワーク非対応です。

発売時点では5Gネットワークに対応している範囲が非常に狭いため、国内利用における大きなデメリットはありませんが、詳しく知りたい方は以下記事も参考にしてみてください。

5Gスマホの選び方や買い時、各キャリアの5G状況も合わせて紹介しています。

上記記事にも記載していますが、5Gネットワークを利用するには5G対応のスマートフォンとキャリアでの5G加入の両方が必須となっています。

Redmi 9Tとmoto g9 playのコスパ比較まとめ

XiaomiとMOTOROLAから発売されているエントリーモデルのスマホとなるRedmi 9T、moto g9 playの比較を行いました。以下に内容をまとめます。

  • ディスプレイ性能はフルHD+のRedmi 9Tのほうが優れている。ディスプレイサイズは同一
  • スマホの動作性能は同一。日常利用には問題ないが価格なりの性能
  • カメラ性能はクアッドカメラ搭載のRedmi 9Tが優秀
  • Redmi 9T、moto g9 playともに大容量のバッテリーを搭載
  • いずれもおサイフケータイ・防水・防塵機能には未対応
  • moto g9 playはNFC機能対応

上記の比較表通り、価格面では若干moto g9 playのほうが高く、性能面ではいずれもRedmi 9Tが優れており、コスパ性能面でも圧倒的にRedmi 9Tのほうが優れています。

いずれもカメラ性能やバッテリー容量を売りにしていますが、どちらもRedmi 9Tのほうが性能が高く、比較するとmoto g9 playを選ぶ理由がありません。

スマホ性能面も日常利用には全く問題ない性能であり、この価格帯であればRedmi 9Tを選択しておくと間違いありません。

ただ重たいゲーム利用などを考えており、性能面を多少アップしたい方は、多少価格を上げて同じXiaomiから発売されているRedmi Note 9Sがおすすめです。

Redmi Note 9Sはカメラ性能やバッテリー性能の強みはRedmi 9Tと同一で、ゲーム利用に適したプロセッサーが搭載されておりスマホ動作性能が上がっているモデルになります。




-Android, ガジェット
-, ,

© 2021 Moment Tech