Android ガジェット

AQUOS sense3とOPPO Reno Aをコスパ観点で徹底比較

前期モデルで評判の高かったAQUOS sense2の後継機としてAQUOS sense3が2019/11に各社から発売されました。SIMフリー版も11/27に発売されます。

この記事ではAndroid端末の同価格帯で人気が高いOPPO Reno Aとコスパ観点で比較していきたいと思います。

AQUOSはSHARPの端末ですが、OPPOはどういう会社なのか?を知りたい方はこちらの記事を参照ください。
OPPOとはどういった会社なのか?

AQUOS sense3とOPPO Reno Aのパフォーマンス比較

まずは両者のパフォーマンス比較になります。価格はそれぞれ3万円台と大きく変わりませんが、各端末の特徴が出ています。

項目OPPO Reno A AQUOS sense3
OSColorOS 6(Android 9ベース) Android 9.0 Pie
カラーブルー、ブラック ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック、ディープピンク
価格約35000円約33000円
ディスプレイ6.4インチ フルHD+有機EL
(2340 x 1080)
約5.5インチフルHD+(2,160×1,080ドット) IGZOディスプレイ
プロセッサーQualcomm Kryo 360
8コアCPU(2.2GHz)
Qualcomm® Snapdragon 630 mobile platform
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
RAM6GB4GB
アウトカメラ1600万画素 + 200万画素 1200万画素+1200万画素
インカメラ2500万画素 800万画素
ストレージ64GB64GB
サウンド ハイレゾ対応ハイレゾ対応
通信機能Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 
SIMカードスロットnanonano
デュアルSIM あり(DSDV) あり(DSDV)
SDカードスロットmicroSDスロット(最大256GB) microSDスロット(最大512 GB)
認証指紋認証、顔認証 指紋認証、顔認証
バッテリー3600mAh4000mAh
コネクターUSB-C™ USBUSB-C™ USB
重さ169.5 g167g
幅 高さ 厚み75.4mm 158.4mm 7.8mm約70mm×約 147mm×約8.9mm
ヘッドホンジャックありあり
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水IPX7IPX5・IPX8
防塵IP6X IP6X
おサイフケータイ対応対応
FeliCa⁷対応対応
NFC対応対応
ワイヤレス充電非対応非対応
急速充電非対応対応

スペックの違い

OSは同一

ともに現時点で最新の1つ前になるAndroid9が搭載されています。気になる最新OSのAndroid10についてAQUOS sense3は対応時期は明確になっていませんが、対応予定機種には組み込まれています。

またOPPO Reno Aについても更新可能時期は現時点で不明です。ただし他のRenoシリーズが順次対応されていることからOPPO Reno Aに関してもAndroid10対応はいずれ実施されると思われます。

またOPPO Reno Aに搭載されているColorOSについてAndroidをベースに作られていますが、カスタマイズされておりUIがiPhoneに近い形になっています。そのためAndroidに慣れている方やランチャーをカスタマイズする方は多少使いづらさはあるかもしれません。

逆にiPhoneを使っていた方は違和感なく入っていけると思われます。

ディスプレイはOPPO Reno Aが優勢

画面の大小は好みが出てきますが、ディスプレイの性能だけでの比較とすると有機EL搭載しているOPPO Reno Aが優勢です。

ただしシャープのディスプレイには IGZO液晶というシャープ開発のディスプレイが採用されています。こちらは表示性能に加えて消費電力の削減にも繋がっています。

プロセッサー、RAM(性能)はOPPO Reno Aが優勢

共に悪い性能ではありませんが、OPPO Reno Aのほうがベンチマーク上優勢です。普段のブラウザ利用や動画閲覧などでは気になる差ではありませんが、重たい3Dゲームなどで比較すると多少の差は出てきます。

逆にゲームはそれほど利用しない人は大きく気にするポイントではなさそうです。

カメラ性能はOPPO Reno Aが優勢

ともにカメラにAI機能が搭載されており、スペック以上に綺麗に撮れますが、インカメラにおいてはOPPO Reno Aの性能が数段高いです。

発売されているAndroid端末の中でもトップクラスの性能を誇っており、コスパ観点ではかなり優秀なポイントです。

デュアルSIM仕様は共にDSDV方式に対応

どちらの端末もDSDV形式に対応しているため、4G回線にてSIMカードの2枚利用が可能になっています。詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

DSDV徹底解説 DSDSとDSDVの違いとは?

SDカードスロットはAQUOS sense3が優勢

大きく違いは無いですが、対応しているメモリ数はAQUOS sense3のほうが性能は上回っています。写真を多く保管したい場合はカメラ性能も含めてAQUOS sense3のほうがメリットは多くあります。

バッテリー性能

多少 AQUOS sense3のほうが性能は高いですが、ディスプレイが比較すると大きいことからバッテリー持ちとしては、大きな両者の違いはありません。

多少 AQUOS sense3 が性能高いことに加えてIGZOディスプレイによる省電力効果もあるため、継続して利用していくことで多少の差は表れてくるかもしれません。

重さ、幅、高さ、厚みはOPPO Reno Aが優勢

重さの数値だけ見ると変わらないですが、OPPO Reno Aのほうがディスプレイは1インチ大きいうえでの話であり、ハードウェア性能はOPPO Reno Aが遥かに高い結果となっています。

幅、高さはモニタの大きさの違いもあり、AQUOS sense3のほうが多少小さいですが、幅はOPPO Reno Aのほうが薄く、モニタがなるべく大きいほうが・・という方には値段差を考えてもOPPO Reno A一択だと感じます。加えて画面占有率も優秀です。

防水・防塵機能に対応

防水・防塵機能

AQUOS sense3、OPPO Reno Aともに防水・防塵機能に対応しています。

防水機能は水没しても水が浸入しない定義で高めの基準をクリアしています。 お風呂場や台所で使う上でも全く問題ありません。

両端末の価格帯で防水・防塵機能に対応できているのは嬉しいポイントです。

おサイフケータイ、Felica、NFC対応は両機種ともに対応

この辺りの価格帯では対応機種が増えてきましたが、両機種ともに対応しています。

ちなみにこの2台の特徴としてDSDVかつおサイフケータイ対応している点です。 両方を必要機能としており、加えてある程度のスペックを要求している場合は2択になると考えます。

急速充電対応はOPPO Reno A未対応

昨今では対応していることが多い急速充電にOPPO Reno Aは対応できていません。充電し忘れなどに対応しづらくなるのでマイナスポイントです。特に現在利用しているスマホが急速充電対応の方は使い勝手が変わることで困る場面が多いかもしれません。

今回の比較検討する上で重要なポイントの一つになってきます。

まとめ

以下2機種比較のまとめになります。

  • おサイフケータイや防水防塵機能など、基本的なところは共にカバー
  • 全般的なコスパ観点では優劣が明確で大きな拘りない方はOPPO Reno A
  • インカメラ性能重要視する方はOPPO Reno A
  • ゲームせず通常利用が多い、かつ急速充電がないと・・という方はAQUOS sense3

この価格帯においてともにおサイフケータイ対応や防水・防塵が対応出来ている点は人気機種である要因の一つとなっています。

どちらもバランスよくコスパ面でも優秀な機種になります。機能差を見て自分に合うスマホを検討してみてください。

もう少し安価なスマホを探している方はこちらの記事を参考にしてみてください。一段下げた価格帯のAQUOS sense3の前機種を含めた人気機種2端末の比較記事になります。
p20liteとAQUOS sense2をコスパ観点で徹底比較

-Android, ガジェット
-, ,

Copyright© Moment Tech , 2020 All Rights Reserved.