サブスクリプション

電動歯ブラシのサブスクリプションサービス徹底比較!国内で利用できる歯ブラシの定額制サービスを紹介

電気歯ブラシのサブスクリプション 月額定額制サービス

普段の口腔ケアは何を使っていますか?歯ブラシからデンタルフロス、舌用ブラシなど様々存在しますが、その中でも電動歯ブラシを取り入れている人も多いと思います。

電動歯ブラシは様々な種類があり、選択肢の幅も非常に広いです。便利で歯ブラシが苦手な方にもおすすめのアイテムですが、ブラシの買い替えなど手間がかかる面もあります。

今回はそういった日用品である電動歯ブラシのサブスクリプションサービスについてご紹介します。

Contents

電動歯ブラシの定額制サービスとは?

電動歯ブラシの定額制サービス

電動歯ブラシの定額制サービスとは、月々定額の料金を支払うことで、本体をレンタルしつつ定期的に替えの歯ブラシが自宅に届くサービスです。

レンタル対象の電気歯ブラシも高品質・高機能のものが多く、初期費用を安くおさえて始めたい・機能面に拘りたいという方にもピッタリのサービスとなっています。

今までは電動歯ブラシを購入するケースが一般的でした。

店頭で購入する際、初めに本体と替えの歯ブラシを購入し、その後も店頭に足を運び、替えの歯ブラシや場合によっては替えの電池なども購入する必要があります。

電動歯ブラシの価格は様々ですが、通常の歯ブラシに比べると購入費用も高く、定期的に替えの歯ブラシを買い替えなければならない手間がかかってしまいます。

定額制サービスを選んだ場合、月々の支払いが定額であり、さらに歯を清潔に保つ観点から最適な時期に替えの歯ブラシが自宅に届くので、交換する手間が省ける上にタイミングを覚えておく必要もありません。

電動歯ブラシの定額制サービスを利用するメリット

電動歯ブラシの定額制サービスを利用するメリット

改めて電動歯ブラシの定額制サービスに切り替えることで、生まれるメリットをまとめてみます。

全体的なコスパが良い

電動歯ブラシ本体の価格の相場は、安いものだと1,500円~、高いものには30,000円以上するものまであります。加えて替えのブラシ代がかかります。替えのブラシの相場は500円~1,000円ほどです。

電動歯ブラシの定額制では、サービスによりますが本体代が無料から始めることが可能です。月額プランは安いものだと、税込308円と非常にお得です。

このようにコスパの面から見ると、電動歯ブラシのサブスクリプションサービスは非常にお得であり、初期費用をおさえて利用することが可能です。

定期的にブラシを変えることで清潔を保てる

電動歯ブラシのサブスクの2つ目のメリットは、衛生的である点です。

一般的にブラシの交換時期は1ヵ月が目安とされています。しかし、タイミングが合わなかったり、買い忘れたりすることでなかなか定期的に交換できないケースが多いです。

電動歯ブラシのサブスクを利用すれば、歯を清潔に保つ観点から最適な時期となる1ヵ月毎に替えの歯ブラシが自宅に届くため、定期的に購入をする必要がありません。

このように必ず定期的に交換できるため、手間もかからない上に、清潔なブラシを保ち、安心して利用することができます。

電動歯ブラシが合わなければ解約できる

コスト面でも記載したとおり、電動歯ブラシのサブスクはお試し感覚で利用することができる点も特徴的です。

電動歯ブラシ本体と替えブラシを購入するケースに比べても、コスト面で安価であることが多く、いつでもサービスの停止ができます。
※サービスによっては最低解約期間あり

メーカーによっては高いもので電動歯ブラシ本体が30,000円以上するものもありますが、サブスクリプションサービスでは安価なサービスで月額税込308円~と試しやすい価格帯です。

また電動歯ブラシは刺激が強い点や、多少慣れが必要なこともあり、合わなくてすぐに止めてしまったという声も多く聞きます。

このように初期費用の安さから、電動歯ブラシを始めて利用する方には、まず自分に合っているかをサブスクリプションサービスを利用して試すことも出来る点がメリットの一つです。

電動歯ブラシの定額制サービスを利用するデメリット

デメリット

つづけて定額制サービスのデメリットについて説明します。

先ほど説明した通り、歯ブラシのサブスクリプションサービスはメリットが多いジャンルではありますが、いくつかデメリットも存在しますので、把握したうえでサービスを選ぶようにしてください。

解約手数料がかかるプランもある

サービスによっては、一定回数・利用月がないまま解約をしてしまうと、手数料(解約金)がかかるものもあります。

サービス利用前に利用規約をよく読み、最低利用回数や最低利用月の設定があるのかどうか、また解約の際にかかる手数料についておさえておく必要があります。

特にメリット部分に記載した電気歯ブラシを始めて使うからお試しで使いたい・・といったケースでは、最低利用月があると不向きなので注意しましょう。

お好みのブラシを選べない

通常の歯ブラシにおいても、硬めや柔らかめなどの歯ブラシの毛先の違いや機能の違いなど、それぞれの好みが分かれます。

今回紹介するサブスクリプションの定額制サービスでは、好みに応じた電気歯ブラシを選ぶことはできないため、初回に決められた電気歯ブラシの本体・毎月決められたブラシが送られてきます。

どうしても使いたい機種がある場合やブラシの硬さ指定がある方は、注意が必要です。

普通の歯ブラシと電動歯ブラシの違いは?

普通の歯ブラシと電動歯ブラシの違い

普通の歯ブラシと電動の歯ブラシの大きな違いは、歯ブラシを手動で動かすか、歯ブラシが自動で動くかという点です。

もう少し普通の歯ブラシと電動歯ブラシについての、メリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

普通の歯ブラシのメリットとデメリット

普通の歯ブラシは、電動歯ブラシに比べると安価で、持ち運びも便利というメリットがあります。そのため、頻繁に買い替えられ、歯ブラシを清潔に保てます。

また、硬さや形など様々な種類のものが揃っているのも、普通の歯ブラシの魅力といえます。歯茎や歯並びに合わせて選べるため、細かく丁寧にブラッシングすることが可能です。

一方で普通の歯ブラシは、綺麗に磨くために時間がかかるというデメリットもあります。自分でブラシを動かさなければならないために、力の強弱にムラが出ることで、磨き残しや磨きすぎに繋がってしまいます。

その点から見ると、安定した力で磨ける電動歯ブラシの方が優れているといえます。

電動歯ブラシのメリットとデメリット

普通の歯ブラシに比べて電動歯ブラシは、自分で歯ブラシを動かす必要がないため楽に歯磨きができ、疲れにくいという特徴があります。

また、歯周ポケットの中まで細かい振動が届くことで効率よく汚れを落とせる点も電動歯ブラシのメリットです。一定の圧力と振動で、磨きすぎや磨き残しを防げ、誰でも簡単に汚れを綺麗に落とせます。

ただし、使用方法が間違っていると、効率的な歯磨きもできません。正しい方法で磨けていないと、かえって口内環境を悪化させてしまいます。

また、電動歯ブラシは普通の歯ブラシを買うよりも高価で、充電や電池交換などの維持費用もかかります。そういった費用や手間がかかる点は、電動歯ブラシのデメリットです。

電気歯ブラシの種類を紹介

電気歯ブラシの種類

続けてサービス紹介をする前に電気歯ブラシにいくつか種類があるため、紹介しておきます。

サービスによって提供している電気歯ブラシの種類も異なりますので、サービス選びのポイントの一つになります。以下チェックして自分にあう種類を決めておくようにしましょう。

大きく「高速運動の電波歯ブラシ」、「音波式の電動歯ブラシ」、「超音波式の電動歯ブラシ」の3種類があります。

高速運動の電波歯ブラシ

ブラシ部分を高速で往復・回転することにより手で磨くよりも高速かつ楽に歯磨きをするタイプです。

手で歯磨きをする部分を自動で動かしてくれる歯ブラシと考えればよいでしょう。

種類にもよりますが、1分間で5000回程度の高速運動を行うため、手で磨くよりも遥かに効率的に磨けるようになります

音波式の電動歯ブラシ

音波式の電動歯ブラシは上で紹介した運動を行うのではなく、音波の振動を発生させて歯垢を除去する仕組みの電動歯ブラシです。

1分間で約3万回以上の振動が発生し、毛先による汚れ落としだけではなく、音波振動による高速の水流や細かい泡の発生により、電動歯ブラシ以上の歯垢除去が可能になります。

またブラシ自体が動くため自分で動かす必要がない点、比較すると歯や歯ぐきへの刺激が少ないことも特徴です。

超音波式の電動歯ブラシ

超音波式は1分間に100万回以上の高速振動を口の中の水分を使って発生させることで、超音波により歯垢を除去する電動歯ブラシです。

口の中の細菌同士の結合力を低下させる事が可能であり、一般的には音波式の電動歯ブラシよりも歯垢力は高いと言われています。

また音波歯ブラシと比べるとブラシの振動が細かすぎるため、自分で動かしてブラッシングする必要があります。

電動歯ブラシの定額制サービス6選

続けて国内で利用できる、おすすめの電動歯ブラシ定額制サービスを6つご紹介します。

それぞれの特徴を比較しつつ、いままでに説明したメリット・デメリットをふまえて合ったサービスを選択してみてください。

GALLEIDO DENTAL MEMBER(ガレイドデンタルメンバー

GALLEIDO DENTAL MEMBER

こんな人におススメ

・なるべく毎月の費用を抑えて利用したい
・初めての電動歯ブラシを試してみたい
・利用者が多いサービスで安心して利用したい

まず最初にご紹介するのはSIKI株式会社が提供するGALLEIDO DENTAL MEMBER(ガレイドデンタルメンバー)になります。

本サービスは2020年4月から開始したGALLEIDO DENTAL MEMBER(ガレイドデンタルメンバー)は、開始後1年を経たずに利用者数25000人越え、リピート率98.3%と比較的新しいサービスながら国内ではトップレベルのサービスとなっています。

月額料金は税込308円から利用可能で、価格面でも他のサービスに比べて非常に優れているポイントです。

おすすめポイントは以下の3点になります。

①費用面で優れている

GALLEIDO DENTAL MEMBERでは、初回の本体価格税込1,980円が無料です。

さらに替えの歯ブラシは税込308円という圧倒的な安さ。初年度にかかる金額を計算してもたったの税込3,696円です。これは他社と比べてもかなりお得な価格です。

②利用期間中は安心の保証付き

GALLEIDO DENTAL MEMBERを継続すると、本体の永久保証が受けられ、長期間安心して使いたい場合はおすすめです。

電動歯ブラシは比較的高いモデルも多く、電化製品となるため壊れるリスクもあります。こういった保証面が充実している部分も嬉しいですね。

③替えの歯ブラシを買いに行く必要がなく、受け取りも楽

送料無料で替えの歯ブラシが自宅に届き、さらにポストへ投函してくれるので受け取りの必要もありません。

ただ交換の回数制限はありませんが、3回以下で解約すると解約金税込2,178円がかかってしまうため注意が必要です。一時期休止したい場合はスキップ可能です。

GALLEIDO DENTAL MEMBERを見てみる

Lilly

Lilly

こんな人におススメ

・超音波歯ブラシを毎月の費用を抑えて利用したい
・普段の充電の手間が面倒なので手間を省きたい
・正しいブラッシングを学んで効率的に歯磨きしたい

手で磨く場合の130倍の振動で、歯の汚れを綺麗に落とす超音波歯ブラシLillyです。

月額料金は初回から6か月間は税込2,480円、7ヵ月目以降は税込800円です。Lillyのおすすめポイントは以下の3点になります。

①電気歯ブラシに必要な機能を徹底追及

電動歯ブラシのなかにはスマホとの連携ができるものもありますが、Lillyではそういった機能を省き本当に必要な機能だけを追求することで、高いコストパフォーマンスを維持しています。

超音波歯ブラシを低価格で利用できることから、価格面でも優れたサービスです。

②1回の充電による利用可能時間が長い

Lillyでは、1日2回の使用の場合、1回の充電で約70日間続けて利用が可能です。

他の電動歯ブラシは約2週間~3週間のものが多いため、1回の充電で長期間利用できる点はLillyの特徴です。

③電気歯ブラシ利用時のセパレートタイマーがついている

口腔内を均一に磨けるように、30秒ごとのお知らせタイマーがついています。

2分間のブラッシング推奨時間が経つと、自動で振動がストップするため、磨きすぎ防止も可能です。

Lillyを見てみる

Curline(キュアライン)

Curline

こんな人におススメ

・自分の歯磨きの仕方を見直したい
・品質重視でサービスを選びたい
・持ち運びしやすい電動歯ブラシがいい

Curlineは、歯科医と個人を結び、正しい歯磨き方法を提供するサービスです。

サービス利用料金や電動歯ブラシ本体、および替えの歯ブラシ価格は、登録されている各歯科医院によって異なるため、問い合わせが必要になります。

Curlineのおすすめポイントは以下の3点になります。

①オーダーメイドの口腔ケアができる

歯科医院で正しい歯磨きの方法を教えてもらったあと、磨き方をCurlineに登録することで自宅でも正しいケアができる仕組みになっています。

口腔内の環境は人それぞれですので、磨き方も違ってきます。Curlineでは、1人1人にオーダーメイドの口腔ケアができるシステムが整っています。

②フィードバックで正しい歯磨き方法を継続

毎日の歯磨きは、アプリを通じてかかりつけの歯科医師に送られます。

来院した際に歯科医師や歯科衛生士からフィードバックをもらい、正しいケアを続けることが出来る仕組みです。

③電気歯ブラシが軽量でコンパクト

Curlineでは、安心のオムロン製の電動歯ブラシが使用されています。

また他の電動歯ブラシに比べて軽く、お年寄りや小さな子どもでも扱いやすい製品となっています。

他にも充電台がコンパクト設計なので邪魔にならず、持ち運びにも便利な点もCurlineの特徴です。

Curlineを見てみる

BYTAPS

BYTAPS

こんな人におススメ

・歯ブラシのデザインにこだわりたい
・メイドインジャパンかつ安心して利用できるブラシを使いたい
・清潔なブラシを常に保って利用したい

BYTAPSは、新潟県燕三条で1本1本職人が手作りで作る、ハンドルと呼ばれる本体が特徴的なサービスです。

初期費用は税込7,590円で、替えのブラシが月額税込528円です。BYTAPSのおすすめポイントは3点になります。

①アルミ製のシンプルなデザイン

BYTAPSは独自のデザインで、シンプルでスタイリッシュな見た目が特徴です。

ハンドルと呼ばれる持ちての部分は約30gあり、やや重ためなため、安定感のある磨き心地を感じられます。

②丁寧に作られた国産ブランド

こちらの電動歯ブラシはひとつひとつ職人の手によって削られた、100%国内生産のものです。安心して利用できる点はBYTAPSの大きな強みです。

③月に1回の定期便でブラシを清潔に

月額税込528円で、1カ月に1回ポストに新しいブラシが届きます。受け取り不要である点も嬉しいポイントです。

自分で交換時期を管理しなくても、ずっと清潔なブラシを保てることから、サブスクリプションらしいサービスといえます。

BYTAPSを見てみる

Quip(クイップ)

Quip

こんな人におススメ

・ブラシだけのケアだけだと不安がある
・持ち運びできるミニマルなアイテムが欲しい
・お風呂の中でも歯磨きしたい

こちらは海外のサブスクリプションサービスとなるQuip(クイップ)です。国内からも利用可能なサービスであり、合わせて紹介します。

スターターキットが55ドル、替えのブラシ・フロス・歯磨き粉は3カ月ごとに届く定額制サービスは月額15ドルです。

なお、日本への送料は無料となっていますが、到着までに2週間ほどかかるため注意してください。Quip(クイップ)のおすすめポイントは以下3点です。

①フロスが付いている

ブラシに加えてフロスも付属されており、より丁寧な口腔ケアができます。定期便ではフロスも一緒に届くので便利です。

②選べる電動歯ブラシ本体の充電方法

充電方式は乾電池式とUSB充電式の2つから選べます。乾電池なら3ヵ月持つので、持ち運びに便利です。また、専用のホルダーもついているので、収納にも困りません。

③安心の防水仕様

Quipの製品は防水のため、本体部分を洗いたいときや、お風呂に持ち込んで使いたいときにもおすすめです。

Quipを見てみる

サブスクB

サブスクB

こんな人におススメ

・定額制で生活にかかる費用をお得にしたい
・いろんな商品の定額制サービスを試したい
・解約月の縛りがないサービスを使いたい

サブスクB とは、自分の使いたい商品を3つもしくは6つ選び、定額制で使用できるサービスです。

3つ選べるプランは月額税込6,578円、6つ選べるプランは月額税込10,978円で利用できます。

①電動歯ブラシ以外にも商品を選ぶことができる

サブスクBでは、3つもしくは6つの商品を選んで定額制で利用できるため、電動歯ブラシの他にも試してみたいものがある場合はコスパよく利用できます。

②毎月選ぶ商品を変更できる

選ぶ商品は毎月変更できるため、初めに選んだ商品をずっと頼み続けなければならないことはありません。

日用品はもちろん、美容品や健康食品など様々なジャンルの豊富な商品ラインナップの中からご自身の使いたい商品を選ぶことが可能です。

サイトをチェックしてみて、利用したい商品が複数ある方にはおすすめできるサービスです。

③解約がいつでもできる

こちらのプランではいつでも解約が可能です。また、利用の一時的な停止や再開などもできるので、必要なときに応じて柔軟に変更できます。

他のサービスと比べても初めてのお試し利用に向いているサービスです。

サブスクBを見てみる

電動歯ブラシの定額制サービスをおすすめできるタイプの人

電動歯ブラシの定額制サービスをおすすめできるタイプ

これまで電動歯ブラシの定額制サービスのメリットとデメリットから電動歯ブラシの種類、国内で利用できる電気歯ブラシのサブスクリプションサービスについて説明してきました。

ここから改めてどういった人に「電気歯ブラシのサブスクリプションサービス」が向いているのか解説します。

サービス一通り見て見たけど、利用すべきかどうか判断がつかない・・という方は、以下の項目もチェックしてみてください。

とにかくトータルコストを抑えたい

先にお伝えした通り、電動歯ブラシの利用を開始するには比較的高価な初期費用がかかります。さらに毎月替えの歯ブラシを買い続けなければなりません。

定額制サービスなら、本体代が無料で利用できるプランもあるため、費用を抑えたい人にはおすすめできます。

ブラシの交換・買い替えが面倒な方向け

記事前半で記載したとおり電動歯ブラシは一般的に1ヵ月でのブラシの交換が目安になります。この1か月交換のタイミングを管理したり、前もって買い替えを用意する必要があります。

そういった交換や買い替えが面倒だと感じる方には定額制サービスは非常におすすめです。

定期的に自宅まで替えのブラシを届けてくれるので、管理をする必要もなく、買い替えの手間も省けます。

初めて電動歯ブラシを利用する人

電動歯ブラシは比較的高価で種類も様々なため、初めて電動歯ブラシを利用し始める人にとっては不安に感じる方が多いです。

定額制なら初期費用が安価なため、初めての人には試しやすく、自分に合っているかどうか検討できます。

合ってない場合でも購入に比べて、コストをおさえることが出来るので、継続して利用できるか分からないという方にもサブスクリプションサービスの利用から始めるのはおすすめです。

電動歯ブラシを購入するなら?お勧め製品を3点紹介

これまで電動歯ブラシのサブスクリプションサービスについてご紹介しましたが、やはりご自身で電動歯ブラシを購入したい人もいらっしゃるかと思います。

定額制サービスを利用せず、自分で電動歯ブラシを選ぶ場合、どれを買ったら良いのでしょうか。以下におすすめする製品を3つご紹介します。

また、こちらの3つの製品はいずれも日本歯科医師会の推薦する商品です。

サブスクリプションではなく購入してみたいけど、どういった商品を選べばいいか分からない・・という方向けにも安心しておすすめできる商品です。

音波振動歯ブラシDoltz(ドルツ)

まず紹介したいのが、パナソニックの音波振動歯ブラシDoltz(ドルツ)です。

歯科医師の推奨する「ヨコ磨き」ができる唯一の電動歯ブラシで、歯周ポケットの汚れもかきだしてくれます。

また、Bluetoothが搭載されたモデルもあり、アプリと連携して自分の口内環境にあった磨き方ができることもポイントです。最新技術が歯と歯ぐきの健康を増進してくれる優れた商品となっています。

 40年以上の研究開発によって磨き抜かれた技術が利用されており、安心安定で品質の高いパナソニック製の電動歯ブラシです。

ブラウンオーラルB ジーニアス10000

次に紹介したいのは、ブラウンのオーラルB ジーニアス10000です。

こちらも歯科医師推奨の製品で、特徴は独自開発の丸形ブラシにあります。歯を1本1本包み込むように磨き、P&Gの調査による臨床試験では、歯垢除去率99.7%アップを実証しています。

磨きあがりのすっきりさや、ツルツルの歯を実感したい人におすすめです。

音波振動歯ブラシプリニアスマイル(MI-0004)

最後に紹介したいのが、ジーシーの音波振動歯ブラシプリニアスマイル(MI-0004)です。

こちらも歯科医師推奨製品で、かつ歯科専売の製品となります。磨く場所や口内環境に合わせて選べる3種類のブラシが付属されており、お子さんから大人まで使いやすい製品です。

家庭でもプロの磨きあがりを実現できると評判の商品です。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は電動歯ブラシのサブスクリプションサービスについてお伝えしました。

電動歯ブラシは製品によっては、通常の歯ブラシと比較しても初期費用が高価であることや、維持にも手間と費用がかかります。

定額制のサブスクリプションサービスであれば、電動歯ブラシの歯垢除去力を得られつつも毎月の費用を一定額にできますし、毎月自動の取替えによりブラシを常に清潔に保つことができます。

今回紹介した内容をもとに、ご自身の生活スタイルと照らし合わせながら、ぜひ電動歯ブラシのサブスクリプションサービスを検討してみてください。

他にも国内では様々なサブスクリプションサービスが提供されており、コスパに優れたサービスやサブスクならではのサービスまでおすすめできるサービスが沢山あります。

興味がある方は以下ページもチェックしてみてください。




-サブスクリプション
-

© 2021 Moment Tech