YouTube

サブスクリプション

YouTube Premium(プレミアム) メリット・デメリット 料金検証まとめ

動画サービスのなかでも圧倒的に人気の高いYouTubeの有料版であるYouTube Premium(プレミアム) について、メリット・デメリットや料金体系、無料プランとの機能差の比較など徹底解説します。

Youtube無料で見れるのに、月1180円は高くない?と思う方も多いと思います。

この記事を読んで有料プランに入る価値があるかどうかを確認してみてください。

YouTube Premium(プレミアム) とは

「YouTube Premium」は、2018年より提供されているYouTubeの月額制の有料サービスです。

YouTube Premiumに移行することで、数々の機能により動画が快適に楽しめるようになるだけでなく、聴き放題の音楽配信も利用可能になるマルチメディア的サービスとなっています。

SpotifyやApple Musicなどの定額聴き放題の音楽サービスが人気ですが、YouTube Premiumは正式楽曲に加えてユーザ配信の独自コンテンツが対象になっている点が大きな魅力です。

ちなみにYoutube Musicは各アーティストの正式楽曲に加えて、Youtuber配信コンテンツなどもプレイリスト再生に含められるなどの独自性が人気で使い勝手の良いサービス1位となっています。

使い勝手のいい音楽ストリーミングサービスランキング
出典: https://rankinclip.com/music-streaming-ranking/

上記の音楽サービスも含めてYouTube Premiumとなる有料版と無料のYouTubeとの違いを解説していきます。

無料版YoutubeとYouTube Premium(プレミアム)の違いは?

ざっくりいうと「広告が表示されない」、「オフライン動画再生ができる」、「バックグラウンド再生ができる」の3点です。

更に同タイミングで提供された音楽配信サービスである「YouTube Music Premium」と「Google Play Music」もYouTube Premiumに加入することにより利用可能になります。

それぞれ単体だと月額980円のサービスです。詳しく解説していきます。

YouTube Premium(プレミアム)のメリット

YoutubePremiumメリット

一般のアカウントからYouTube Premiumに加入することでPCやスマートフォン、タブレットなどでログインするだけで各デバイスで恩恵を受けることが可能です。

広告の非表示

以下の広告が全て表示されなくなります。

  • 動画本編の前後に流れる広告
  • 途中で表示される5秒間のスキップ可能広告
  • スキップできない広告
  • 動画の再生画面の下部に表示されるオーバレイ広告
  • 動画の右側に出てくるスポンサーカード広告
  • おすすめの動画一覧の上に表示される広告
  • 動画プレイヤーの下に表示される広告

こうやって並べているとYoutube動画周辺の広告量はすごいですね。。

広告による数秒~数十秒の待ち時間がなくなるためストレスが軽減されます。5秒の動画でも100回出てくれば約10分間無駄な時間を過ごすことになります。

1日30分以上YouTubeを視聴する人であれば、このメリット分だけでも加入する価値ありです。

オフライン動画再生

YouTubeの無料版は、スマホアプリで動画を再生できるのはアプリを開いている時だけです。Youtubeを閉じて別のアプリを開いたりすると動画再生は止まってしまうため、YouTubeの音楽をバックグラウンドで流することは、基本的に不可能でした。 ※ブラウザ再生により可能

無料Youtubeでも動画をダウンロードすることは専用サイトを使うことで可能ではあるのですが、利用規約違反ですし、面倒です。

YouTube Premium加入することにより、動画を簡単にオフライン保存できるようになります。

保存した動画は30日間まで補完することができ、飛行機の中などインターネットが接続されていないオフライン環境で再生することが可能となります。

一回でもインターネットに接続すれば、再生可能な期間が30日間に戻るため、基本的にはずっとお気に入り動画をオフラインで再生することが可能です。

ただし再接続したときに、コンテンツの削除や動画の配信者による制限によってコンテンツが利用できなくなっている可能性がありますので、注意してください。

また保存した動画の再生時は動画コメントの閲覧は出来ないため、コメントと一緒に見たい時はオンラインで閲覧する必要があります。

上記の通り、有料期間中はオフライン再生可能ですが、解約して有料サービスが停止した場合は保存しておいた動画の再生はできなくなります。

ダウンロード画質は720p/480p/360pから選べ、コンテンツ毎に指定可能です。たとえば高画質で楽しみたい動画を720p、音楽のみで問題ない場合は360pといったように選ぶことが出来ます。

YouTube Premiumでの動画ダウンロード方法はダウンロードしたい動画のオフラインボタンをクリックするだけで保存可能です。

一番上の保存済みコンテンツから削除をクリックすれば削除できます。

バックグラウンド再生

YouTube Premiumではバックグラウンドで再生ができるようになります。

動画の音声だけを聞いて楽しんだり、ミュージックビデオを音楽として楽しんだりすることも可能です。

バックグラウンド再生の設定も細かく指定ができ「常にオン」「ヘッドホン/オーディオ機器での出力時にオン」「オフ」が可能です。

YouTube Music PremiumとGoogle Play Musicの利用

YouTube Music Premium

音楽ストリーミングサービス「YouTube Music Premium」と「Google Play Music」のサービスが追加料金なしで利用可能になります。

急に別サービスが出てきて混乱する方もいると思いますが、、、それぞれ以下のような位置づけになっています。

・YouTube Premium:Youtubeがベースで広告無しなどの特典付与
・YouTube Music Premium:Youtubeコンテンツに対してプレイリスト再生など音楽再生に特化した機能を付与したもの
・Google Play Music:SpotifyやApple Musicと同じく音楽再生ストリーミングサービス

簡単にいうとYoutubeが使いやすくなるだけではなくて、音楽関連の便利なサービスも使えるようになるよーという感じです。

YouTube Music PremiumとGoogle Play Musicは、どちらも月額980円で利用できる音楽配信サービスです。

月額980円の各サービスが、YouTube Premiumの金額(月額1180円)のなかに含まれるため、金額だけで考えると非常にお得です。

各サービスに+200円するだけでもう1方のサービス利用+YouTube Premium特典を受けることが出来ます。

またYouTube Music Premiumはレコメンド精度も優秀です。最初に好きなアーティストを選択して、好きな曲を聞いていくことで好みのアーティストや音楽をお勧めしてくれるようになります。

自動再生モードにすることで、指定したプレイリストや動画再生が終了したら、おすすめの動画を切り替えながら流すことが可能です。この辺りの選択も上記のレコメンド機能が働いており、非常にストレスなく長時間聴くことができます。

再生時の音質も低~高音質まで設定可能となっています。

ちなみに上記2つの音楽サービスはGoogle HomeやGoogleアシスタント・Chromecast Audioなど、Google系のプロダクトとも非常に相性が良いです。

YouTube Music Premiumでは、YouTube Premiumと違って音楽コンテンツ以外の動画部分については再生も保存も出来ません。動画コンテンツ部分を保存する場合はYouTube Premium側で実施する必要があります。

その他にも曲名が分からなくても歌詞や曲の特徴で検索できる機能があったりと有料サービスとして豊富な機能が揃っています。

YouTube Music Premiumを中心に紹介してきましたが、Google Play Musicも4000万曲以上の楽曲が聴き放題であり、ライブラリから最大5万曲をクラウドにアップロードが出来る定額聞き放題のサービスです。

YouTube Originalsの視聴が可能

YouTube Originals

YouTube Premiumに加入することで、YouTube独自のコンテンツが配信されている「YouTube Originals」の視聴が出来ます。

youtubeチャンネルより参照することが出来ます。

YouTube Originals を見る

YouTube Originalsでは、映画やドラマに加えて人気ユーチューバー制作の動画・イベントなどが配信されています。

はじめしゃちょーが提供している「The Fake Show」などの話題作も豊富です。

配信コンテンツは人気のYouTuberが制作したコメディ動画やドキュメンタリーまで多種多様なコンテンツが対象になっています。

ただ無料版でも広告付きではありますが、コンテンツを参照することは可能です。

お試し期間がある

YouTube Premiumには無料のお試し期間があります。1か月間からキャンペーン中は3ヵ月間無料など時期によって変わります。

月額1180円に見合うかどうか無料のお試し期間で有料機能のメリット部分を実際に体験してからYouTube Premiumを利用するか検討しましょう。

無料期間があるのはメリットですが、終了すると自動的に課金がスタートします。

合わなかった場合は期間中の停止する必要がありますので注意してください。

YouTube Premium(プレミアム)のプランは?

YouTube Premium(プレミアム)のプラン

YouTube Premiumのプランは以下3つのプランがあります。

  • 通常プラン:月額 ¥1180
  • ファミリープラン:月額 ¥1780
  • 学割プラン:¥1480

通常プラン 

1アカウントでYouTube Premiumで利用する一般的なプランです。

1つのサブスクリプションで、1人がYouTube Premiumのすべての機能を利用できます。

注意点として、iPhoneなどのiOS端末からのYouTubeのアプリで登録すると月額料金が1180円ではなく1550円となってしまいます。Apple Store経由とすることで手数料がかかるからが理由と思われます

完全に無駄なのでChromeなどのWebブラウザのyoutubeからプレミアムプランへの登録を行うようにしてください。ブラウザから登録した場合でもアプリのyoutubeをプレミアム化することは可能です。

ファミリープラン 

加入者本人と同世帯に住んでいる人を最大5人の計6人までメンバーとして追加登録することができるプランです。

各メンバーは、それぞれ自分のGoogleアカウントをYouTube Premium化してサービスが利用することができます。

登録チャンネルやライブラリなどの履歴情報は他のメンバーと共有されないため安心です。家族でYouTube Premiumを利用するにはピッタリの部分ですね。

利用人数が多いほど、1人あたりの支払額は小さくなるので更にお得に利用することが出来ます。

学割プラン 

名前の通り、学生の方に限りYouTube Premiumを割引価格で利用できるプランになります。

対象者は登録済みの高等教育機関に在籍している学生限定となっています。登録時に学校名などの情報入力が必要です。

YouTube Premium(プレミアム) のデメリット

YouTube Premium(プレミアム) のデメリット

1点目、YouTube Music Premiumのデメリットですが、プレイリスト再生などで動画流しっぱなしにする場合、YouTubeのアップロード動画と、公式楽曲がバラバラで再生されるため、音量が急に変わることがあります。音量の調整機能を導入して欲しいところです。

2点目はデメリットというよりは注意事項ですが、Google Play Musicの有料会員からYouTube Premiumに移行した場合、Google Play Musicが自動解約されません。

登録方法によっては、YouTube Premiumと以前まで入っていたGoogle Play Musicを同時に課金している状態になってしまうため、注意してください。

参考:https://support.google.com/youtube/answer/9155410?hl=ja&ref_topic=6305525

3点目はYouTube Premium機能にあるオフライン再生機能の項目でも記載している通り、オフライン再生中はコメントの閲覧ができない点です。

4点目は「広告無し」という点です。Youtubeの動画広告自体がコンテンツになっているため、中には話題になる広告もあります。参照できない点は人によってはメリットに移るかもしれません。

ただ切り替えることにより無料版として参照することは可能です。

YouTube Premium(プレミアム) 登録の手順

Androidアプリからの登録

  1. スマートフォンまたはタブレットからYouTubeのアプリを開きます。
  2. 右上のメニューからプレミアム登録したいアカウントでYouTubeのアプリにログインします。
  3. 再度、メニューから「YouTube Premium(プレミアム)を購入」を選択します
  4. 「使ってみる(無料)」を押下しGoogleアカウントに登録されている支払い方法を選択し購入します(0円です)

実際に4で課金はされません。無料期間終了後に選択した支払い方法で課金がスタートするようになります。

Webからの登録

  1. ChromeなどのWebブラウザからyoutube.comにアクセスします。
  2. 右上のメニューからプレミアム登録したいアカウントでYouTubeのアプリにログインします。
  3. 再度、メニューから「有料メンバーシップ」を選択します
  4. 「YouTube Premium(プレミアム)」の詳細を押下します
  5. 「使ってみる(無料)」を押下しGoogleアカウントに登録されている支払い方法を選択し購入します(0円です)

個人プランからファミリープランへの切り替え

  1. ChromeなどのWebブラウザからyoutube.comにアクセスします。
  2. 右上のメニューからプレミアム登録しているアカウントでYouTubeのアプリにログインします。
  3. 再度、メニューから「有料メンバーシップ」を選択します
  4. [ファミリー プランを購入] をクリックします。
  5. 定期購入の手続き完了後、ファミリーグループの作成手順が表示されます。

YouTubeプレミアム解約または一時停止の手順

YouTube Premium(プレミアム)の解約は簡単です。

  1. ChromeなどのWebブラウザからyoutube.comにアクセスします。
  2. 右上のメニューから解約したいアカウントでYouTubeのアプリにログインします。
  3. 再度、メニューから「有料メンバーシップ」を選択します
  4. YouTube Premium(プレミアム)アカウント情報内に表示されている「メンバーシップを解約」をクリックし、指示に従っていくことで解約完了です。

解約と同時に解約完了連絡が該当アカウントのGmailにて届きます。再開したい場合は、メールから再開することが可能です。

また解約ではなく、最大6ヶ月間まで一時停止することも可能です。一時停止したい場合は、「メンバーシップを解約」をクリック後に表示されるアラートから「一時停止する」を選択することで可能です。

一時停止を使う意味としては、ダウンロード済みの動画や音楽が削除されないため、再開した後は以前に保存したオフラインコンテンツを利用することが可能です。

一時停止中はダウンロード済みのコンテンツは利用できないため注意してください。

YouTube Premium(プレミアム)まとめ

課金してでも継続するかどうか、という判断基準を整理しました。以下を確認して料金に見合うかどうかのチェック項目としてください。

  • Youtubeの利用時間が長く(1日30分~)、広告無しで得られる時間が大きい
  • Youtubeコンテンツのバックグラウンド再生、ダウンロード機能をよく利用する
  • YouTube Music Premium、Google Play Musicを利用する。他音楽サービスを利用している場合は置き換えできる

また以下記事ではyoutube premium以外の動画サービスの徹底比較を行っています。合わせてチェックしてみてください。

動画VODの月額定額サブスクリプション徹底比較 | 各サービスの特徴やお勧め紹介


-サブスクリプション
-,

Copyright© Moment Tech , 2020 All Rights Reserved.