サブスクリプション

【2021年度】ランチで使えるサブスクリプションサービス紹介【ランチ代節約できます】

ランチサブスクリプションサービス

アメリカでは数年前から主流でしたが、近年日本でも急激にサービスの数が増えているサブスクリプション(サブスク)。展開されているエリアや都道府県はまだまだ少ないですが、実はランチにも存在します。

特に会社員の方は毎日ランチで数店舗をループして外食している方も多いのではないでしょうか。ランチを提供しているサブスクリプションサービスを利用することで日々のランチ代が節約できたり、今まで行かなかったお店のランチを楽しむことが出来たりとメリットも多くあります。

また対象エリアもどんどん広がっているため注目すべきサブスクリプションの領域です。

今回のランチで使えるサブスクリプションサービスについて、上記の課題やメリット部分が気になった方には必見の内容です。

サブスクリプション(サブスク)とは?

サブスクリプションとは、商品やサービスに個別でお金を支払うのではなく月や年単位で契約することで、サービスや商品が定額で使い放題になるシステムの総称です。

以前まではネットニュースや音楽サービス、Net flixなどの動画サブスクリプションサービスが主流でしたが、最近では自動車や服、加入している飲食店で食事をする権利がもらえるサブスクリプションサービスなども存在します。

すぐに必要なくなってしまう知育おもちゃやトレンド洋服のサービスも存在し無駄がなくなると現在注目されています。

定額で使い放題になるサービスだと気兼ねせず好きなだけ利用することができるので、料金の心配をしなくても良いのが魅力です。

詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

サブスクリプションとは?定額性やリースの違いやメリット・デメリット紹介

ランチのサブスクをおすすめする理由

サブスプリクション型のランチサービスをおすすめする理由

サブスクリプション型のサービスをおすすめする理由として、定額で毎日ランチが食べられるため、通えば通うほどランチ代がお得になるメリットがあります。

サービスにより多少の差はありますが、どのサービスにも共通している点として毎月定額を支払うことで利用可能エリア内にある加盟店のランチがお得に食べられるということが挙げられます。

例えば、毎月ランチ代に16000円使っている方が月額6000円のサービスに加入すると、1ヶ月のランチ代は約1万円節約できます。

また値段を気にせずお店を選ぶことができるので、今まで行ったことがないお店に行けるのも魅力の一つで、毎日違うお店でランチができるのでマンネリ化している方にもおすすめです。

ただし、ランチのサブスクリプションサービスは1日1回ランチタイムのみ、店舗によっては選択できないメニューを設定していることもあるので注意しましょう。

ランチのおすすめサブスク3つを紹介

サブスクリプションサービスを利用するメリットについてお伝えしましたが、ここからはおすすめのサービス3つを紹介します。

いずれも正式サービス化されており、エリア急速拡大中の注目すべきサービスです。

ただ昨今の状況から、サービス休止や終了も相次いでいる状況です。適宜サービス状況や新規サービスは更新していきます。

POTLUCK(ポットラック)

平日毎日1食プランを選択すると、1食529円(税込)で手作りランチや夜ご飯の持ち帰りができるPOT LUCKです。

「コンビニ弁当もいいけど、手作りの料理が食べたい」と思っている方にはおすすめのサービスです。

テイクアウト型なのでランチ難民になるリスクもなく、オフィスに持ち帰ってゆっくり食べられるのも魅力となっています。

ただし、対応エリアが関東周辺に限られていることと、支払いはクレジット以外不可なので注意しましょう。

テイクアウト式というとお弁当のようなメニューを想像されるかもしれませんが、POT LUCKは一般の飲食店が持ち帰りメニューを出しているので、通常のお弁当よりさまざまなジャンルを楽しむことができます。

注文は事前予約を行っておき受け取る仕組みですが、「POTLUCK NOW」利用によりお店での注文も可能です。

例えば、青森郷土料理わとなの「チキン南蛮」や担担担の「汁なし担々麺」、Spice&Cafe Fam Famの「スパイスカレー」など飲食店のメニューをそのままテイクアウトできるのが特徴で中には1000円以上の価格のメニューも対象となっています。

またPOT LUCKには、12食プラン(税込みで1食/637円)もあるので毎日ランチに出かけないという方でも利用できるサービスです。

基本的に1日1回テイクアウトできるという決まりがあるため、ランチで利用しなかった日は夕食として利用することができます。

3食トライアルプラン (税込1食/313円) が用意されているので、一度試してから加入を検討することが可能なのも嬉しいポイントです。

こちらも関東を中心に対応可能エリアが広がっていることから、これからより多くのお店の参入が期待されています。 元々テイクアウトを実施していないお店にも広がっており、対象店舗にも注目です。

  • 3食トライアル:1食/313円 ※トライアル終了後に12食プランに更新
  • 12食プラン:1食/637円 ※30日間
  • 平日毎日1食プラン:1日/529円 ※土日を除く昼or夜1回ご利用可能
  • 3食買い切りプラン:1食/702円 ※無期限

※いずれも税込表記です。

無料のお弁当配布キャンペーンを実施したりと、精力的に展開を進めています。

POT LUCKサービスを見てみる

always LUNCH(オールウェイズランチ)

always LUNCHは無期限サービス停止中です

always-LUNCH

alwaysLUNCHは月額7980円で1日1回ランチを食べることができる日本で一番有名なランチ系のサブスクリプションサービスです。※2020/3から値上げされました

毎日1回使用することができるので、毎日通うと1食分は約200~300円ほど。対応可能エリアは東京・大阪・京都・福岡が中心ですが、都度サービスエリア拡大を進めているので気になる方はチェックしておき

当然出てくるのは通常のメニューと同様のものなので、1食300円とは思えないほどの品質・ボリュームです。

加盟店のジャンルも、中華で有名な大阪王将やカレー&ガパオ専門店「渋谷ガパオ食堂」、ハンバーガーやうどんカツ丼まで、幅広く取り扱いがあるので毎日飽きずに違う種類のランチを楽しむことができます。

使用方法はお店にあるQRコードを読み取り、表示されたパスを提示するだけと非常に簡単なので、気軽に使うことが出来るのも魅力です。

まだまだエリアが限られているため、生活圏内にあっているかの確認は必要ですが、対応エリア内に自宅や職場があるという方にはおすすめできるサービスです。

always LUNCHサービスを見てみる

ちなみにalways LUNCHの他に同種のサービスとしてCafe版のalways CAFEやアルコールメニューが中心のalways BARもあります。

いずれも同じくパスを見せるだけで利用可能のペイレスサービスです。興味があれば合わせて見てみてください。

Gocci(ゴッチ)

Gocciはサービス一時停止中です

Gocci

「Gocci(ゴッチ)」は、1日1回まで、 税込13200円でランチメニューを楽しめるサブスク型のランチサービスです。

2020年に開始したサービスとなり、加盟店舗は文京区・本郷エリアの加盟店舗と限られた範囲ではあるものの、 活動圏内の方であればランチ1回1000円と考えても週3~4で通えば得する計算になります。

イタリアンからラーメン店、タイ料理店やカフェなど幅広い店舗が加入しているのが特徴で、その日の気分によって様々な店舗を楽しむことが出来ます。

固定しがちなランチの時間の幅を広げてくれるのもサブスクサービスのメリットのひとつですね。

まだ開始当初はアプリもなく、加盟店舗の範囲も狭いですが、人気の高いランチ系の新サービスとなり、今後に期待したいサービスです。

Gocciを見てみる

ランチのサブスクサービスまとめ

ランチのサブスクリプションサービスはあまり馴染みがないかもしれませんが、頻繁に利用することでお得にランチを楽しみつつ、今までに行かないようなお店と出会えるきっかけにもなります。

まだ全国区で展開されているサービスはありませんが、在住県内や職場の所在地がエリアに入っている場合は利用を検討してみるのも良いかもしれません。

気になったサービスがあれば是非エリアや店舗・サービス内容を対象サイトから確認してみてください。

またランチサービス以外のサブスクリプションサービスが気になった方には以下記事もお勧めです。

サブスクリプション おすすめの定額制サービスは?55種類ジャンル紹介




-サブスクリプション
-,

© 2021 Moment Tech